マイクロソフト新CEOが迫られる「二者択一」

カリスマの後継ぎという難題

8月26日、米マイクロソフトの次期CEOは、スティーブ・バルマーCEO(写真)が目指す「デバイス(機器)とサービス」を柱とする企業への転換に向けた野心的な計画を推進するか、その計画を断念して実績のあるビジネスソフトウエアの分野に注力するか、大きな決断を迫られる。米カリフォルニア州で6月撮影(2013年 ロイター/Robert Galbraith)

[シアトル 26日 ロイター] - 米マイクロソフトの次期最高経営責任者(CEO)は、スティーブ・バルマーCEOが目指す「デバイス(機器)とサービス」を柱とする企業への転換に向けた野心的な計画を推進するか、その計画を断念して実績のあるビジネスソフトウエアの分野に注力するか、大きな決断を迫られる。

マイクロソフトは23日、バルマーCEOが1年以内に退任すると発表。そのわずか6週間前、同CEOはハードウエアとクラウドサービスを中心とした未来を構築するため、大規模な組織再編を打ち出していた。

しかし、数年にわたるオンライン検索事業やスマートフォン(多機能携帯電話)事業の不振に加え、新型タブレット端末「サーフェス」のさえない販売がこのアプローチに暗い影を落としている。

投資家は長年にわたってマイクロソフトに対し、多額の利益を生んでいるウインドウズ、オフィス、サーバーフランチャイズといった事業に限定的に注力する一方で、不採算事業や周辺事業に費やす資金を株主に振り向けるよう求めてきた。

物言う株主グループとして知られるバリューアクト・キャピタル・マネジメントは、そういったアプローチを好むとされている。

少なくとも現在のところ、マイクロソフトはバルマー氏のビジョンを追求することに注力しているとみられ、同社の取締役で新CEOの選定作業を担う特別委員会の委員長を務めるジョン・トンプソン氏は23日、取締役会はバルマー氏の再編計画に「コミット」していると表明した。

ただ、取締役会が実際にどれだけ再編計画にコミットしているかや、外部の意見にどれだけ前向きに耳を傾ける気があるかは、委員会の最終的な選定によって示されることになるだろう。

モーニングスターのアナリスト、ノーマン・ヤング氏は「サーバー事業を統括するサトヤ・ナデラ氏やウインドウズチームの誰かなど内部候補者を起用することは、この再編と戦略的シフトをしっかりやり遂げるためには理にかなっている」と指摘。

その上で「マイクロソフトが社内に新風を吹き込む人物、戦略を実行できるとともに外部の見解を持ち込める人物を必要としているとも言えるだろう」と語った。

それはゲーム機「Xbox」や検索エンジン「Bing」事業の売却、あるいはタブレット端末や他のコンピューター事業への取り組みの縮小を意味するかもしれない。

次ページおそらく手に負えないだろう
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT