全盲の夫婦が築く「見えなくても」明るい家庭

2人で越えた難関の司法試験、結婚、妊娠・出産

お互いに全盲の夫婦。まさに手と手を取り合って家庭を築いてきた

目の見えない2人が結婚、そして出産。亜矢子さんに不安はなかったのだろうか?

「何も別に無かったですね。初めての妊娠・出産・育児って、目が見える見えない関係なく皆不安だし、皆大変じゃないですか。それを一個一個2人でクリアしていけば、別に良いんじゃないかなって気持ちだったので、取り立てて不安は無かったです」(亜矢子さん)

ありのままに…心の声を伝える子育て

密着中にはこんな親子の出来事があった。この日は6歳の長女・心(こころ)ちゃんとオセロで対決。そのゲーム中盤を迎えたときのことだ。負けそうになった心ちゃんが、突然、不機嫌に。ママを傷つける言葉を言ったのだ。

「とても1年生とは思えないようなその態度」(亜矢子さん)

「ママは大人とは思えません」(心ちゃん)

「どうして?」(亜矢子さん)

「見た目で。見た目で保育園、幼稚園、赤ちゃんぐらいですね。馬鹿な人だよね。変な人だもんね」(心ちゃん)

はずみで出た言葉とはいえ、ママを傷つける一言。すると…

「ママ、すごく傷ついた…」(亜矢子さん)

亜矢子さんは叱るのではなく、あえて悲しい気持ちだけを伝えた。

ママの言葉に、突然泣き出す心ちゃん。亜矢子さんはその様子を、何も言わずに静かに見守るだけ。すると、心ちゃんがママのもとへ。

人の痛みが誰よりもわかる母だからこそ、子どもに伝えられる。TBSテレビ『結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち』次回は8月7日(月)よる7時から放送です

「ひどいこと言ってごめんなさい」(心ちゃん)

「『バカだね』とか『変な人』とか、ここちゃん言われたらどう思う?」(亜矢子さん)

「悲しい気持ち」(心ちゃん)

「ママも1年生とは思えないねとか言っちゃったからゴメンネ」(亜矢子さん)

これが亜矢子さん流の子育てだ。家事に、育児に、とにかく明るい亜矢子さん。彼女にとって、結婚とは?

「1人だったら絶対に得られない経験をたくさんできています。自分の人生の中で主人と子どもたちがいちばん大きい」(亜矢子さん)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。