「フォーミュラE」に日本勢は参戦するのか?

注目レースのトップに直撃インタビュー

――フォーミュラEの現状に満足しているか。

フォーミュラEには足りないものが2つある。日本の自動車メーカーとアメリカの自動車メーカーの存在だ。しかし、この点についても近々、良いニュースが届けられると思う。われわれはフェアなルールを整え、すべてのメーカーに門戸を開いている。

フォーミュラEホールディングスのアレハンドロ・アガグCEO(筆者撮影)

――それはアメリカの自動車メーカーについてか。日本の自動車メーカーについてか。

アメリカのメーカーはEVで少々、出遅れている。技術に関しては日本メーカーのほうが進んでいると見るべきだろう。

――米国にはテスラ・モーターズという有力なEV専業メーカーがある。なぜテスラはフォーミュラEに参戦しないのか。

もちろん、誘った。4年前にカリフォルニアに行って直接、イーロン・マスクと話をした。しかし彼は「今は参戦するつもりはない」と言った。ベンチャー企業のテスラには他の自動車メーカーのようなレースの伝統がないのだろう。しかし私は希望を失っていない。いつの日か、テスラがフォーミュラEに参戦してくれるよう、働きかけを続けていく。

日本での開催も計画

――フォーミュラE日本開催の可能性は。

ぜひ実現したいと思っている。東京都知事、横浜市長とは何度か話をしている。東京都知事は変わってしまったが、今後も話し合いを続けていきたい。

――明日7月30日は今季最終戦だが、来季以降はどんな戦略を立てているのか(注:インタビューは7月29日に実施)。

来季はファンの獲得に力を入れる。テレビ放映だけでなくインターネットでの配信も拡大し、フェイスブックなども積極的に使っていく。次のシーズン5はレース車両が新しくなり、新しいバッテリーも投入される。より魅力的になるだろう。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。