「フォーミュラE」に日本勢は参戦するのか?

注目レースのトップに直撃インタビュー

――フォーミュラEの現状に満足しているか。

フォーミュラEには足りないものが2つある。日本の自動車メーカーとアメリカの自動車メーカーの存在だ。しかし、この点についても近々、良いニュースが届けられると思う。われわれはフェアなルールを整え、すべてのメーカーに門戸を開いている。

フォーミュラEホールディングスのアレハンドロ・アガグCEO(筆者撮影)

――それはアメリカの自動車メーカーについてか。日本の自動車メーカーについてか。

アメリカのメーカーはEVで少々、出遅れている。技術に関しては日本メーカーのほうが進んでいると見るべきだろう。

――米国にはテスラ・モーターズという有力なEV専業メーカーがある。なぜテスラはフォーミュラEに参戦しないのか。

もちろん、誘った。4年前にカリフォルニアに行って直接、イーロン・マスクと話をした。しかし彼は「今は参戦するつもりはない」と言った。ベンチャー企業のテスラには他の自動車メーカーのようなレースの伝統がないのだろう。しかし私は希望を失っていない。いつの日か、テスラがフォーミュラEに参戦してくれるよう、働きかけを続けていく。

日本での開催も計画

――フォーミュラE日本開催の可能性は。

ぜひ実現したいと思っている。東京都知事、横浜市長とは何度か話をしている。東京都知事は変わってしまったが、今後も話し合いを続けていきたい。

――明日7月30日は今季最終戦だが、来季以降はどんな戦略を立てているのか(注:インタビューは7月29日に実施)。

来季はファンの獲得に力を入れる。テレビ放映だけでなくインターネットでの配信も拡大し、フェイスブックなども積極的に使っていく。次のシーズン5はレース車両が新しくなり、新しいバッテリーも投入される。より魅力的になるだろう。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型ジムニー買っちゃった
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?