24歳・芸歴8年「地下アイドル」の堅実な仕事観

文筆でも稼ぐ彼女は闇雲に一番を目指さない

時代的に、SNSが普及して、芸能事務所に入らなくても、宣伝活動ができるようになってきていた。そのため、正体不明のアイドルたちが有象無象に現れ、彼女たちは揶揄の意味をこめて、地下アイドルと名付けられた。姫乃さんも、ご多分に漏れず地下アイドルと呼ばれた。

地下アイドルという言葉は蔑称だったため、地下アイドルと呼ばれ、憤っているアイドルたちもたくさんいた。しかし、姫乃さんは、地下アイドルと呼ばれることにまったく抵抗がなかったという。

「私の自尊心は、中学時代に完全に失われているんですよね。

だから、アイドルとして舞台に上がってものぼせられないんです。そもそもアイドルになりたかったわけじゃないですし、“地下アイドル”くらいでちょうどいいなって思ってました」

芸能事務所に所属しようとは思わなかった

フリーランスでいいかなと思った(筆者撮影)

姫乃さんは地下アイドルライフを堪能していたが、地下アイドルの存在をこころよく思わない人もいた。

とある芸能事務所の社長には、

「自分は地下アイドルだって名乗るなんて、自分のことを乞食ですって言ってるのと同じだ!!」

と頭ごなしに罵倒された。

多くのアイドルを抱える芸能事務所の社長からは、フリーランスのアイドルなんて、乞食のように見えたのかもしれない。ただ、そうなじられても

「なんか、とても怒っているな……」

と思うだけで、姫乃さん自身は芸能事務所に所属しようとは思わなかった。芸能事務所に入ってメリットがある人は2パターンに分けられるという。

「私はアイドル活動はしたいけど、事務作業はしたくない。マージンを取られてもいいから、めんどくさい事は全部事務所にやってもらいたい」

という人と

「私は将来絶対に売れるから、事務所は私に高い予算をかけて、ガッツリ投資してください」

という人である。

「私はどちらでもないんですよね。事務作業は苦ではないので、それで事務所にマージン抜かれるのは困るし、予算をかけて売れるタイプでもないので。フリーランスでいいかな~と思いました」

アイドルとして活動しながらも、自ら営業をかけたことはなく、オファーが来たら登壇するという流動的なスタイルだったが、仕事は途切れなかった。フリーランスだから、打ち合わせも自分でしなければならないが、いろいろな人に会えて、逆に楽しかった。

次ページ怖い思いをしたことも…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?