24歳・芸歴8年「地下アイドル」の堅実な仕事観

文筆でも稼ぐ彼女は闇雲に一番を目指さない

ただし、中には困った人もいた。打ち合わせだって言われて足を運んだら、ただの飲み会だった、なんてこともよくあった。写真の撮影だと、箱根に呼び出されたときには、少し撮影をした後に、

「残りは東京で撮ればいいや。今日は、旅館取ってあるから一緒に泊まろう」

と強引に宿に連れて行かれそうになった。

「すごく怖いし、悔しかったですよ。でも仕事を始めたばかりの女子高生で、何もわかってなかったので『こいつならだませるな』って目をつけられたのかもしれません。今はたくさんの人と会う仕事を続けてきたおかげで、そういうヤバイ人は早めに見分けがつくようになりましたね」

そんな困った人たちとも出会いつつも、高校時代は、アイドル活動とアルバイトで忙しく過ごした。アイドル活動がライブ1回約1万円でひと月の収入は7万~8万円。アルバイトでも、それと同じくらい稼いだ。高校生にしては、十分な収入だ。

ファンと対等な関係を築くために大事なこと

地下アイドルは、文章を書くことから逃げられない(筆者撮影)

目の前の仕事が忙しかったので、大学に行く気はなかったけれど、高校の担任の教師が、指定校推薦の枠を取ってくれたので、受験勉強はしないで大学に進学することにした。

大学に入っても継続して、バリバリと活動していたが、19歳のとき、忙しすぎて過労でうつ状態になってしまう。静養のため、いったんアイドル活動を休止して、これからどうしようかな?と考えているときも、ライターの仕事ならば、もっと続けたいと考えていた。

18歳の頃から、とあるアダルト本に記事を寄稿していた。うつ状態のときも、その本の担当編集者はいつも気にかけてくれていて、ありがたかった。

「地下アイドルって文章書くことから逃げられないんですよね。ブログやSNSを定期的に更新してファンに発信するのが仕事ですから。私はそもそも、文章を書くのが好きだったので、今でもルポを書くのは楽しいですね」

アダルト本の記事を執筆するにあたり、アダルトビデオの撮影現場に行ったり、キャットファイト(女性同士のケンカを見せるエロチックな興行)の取材に行ったりするのは、とても楽しかった。しばらくして連載している本が廃刊になってしまったが、それを嘆くブログを書いたら、そのブログを読んださまざまな出版社からオファーが来て、月の連載が20本以上にもなった。

その頃には、アイドル活動は復帰していたが、アイドルをやめてもライターだけで、食べていけるくらい稼いでいた。

次ページ学生としての金銭感覚
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 「生活定点」で振り返る平成
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?