24歳・芸歴8年「地下アイドル」の堅実な仕事観

文筆でも稼ぐ彼女は闇雲に一番を目指さない

姫乃さん以外のクラスメートはほとんど全員、塾に通っていた。塾の成績の良い子はねたまれてイジメの対象になったり、ケンカになったりしたし、受験のストレスから教室で暴れる子がいて授業にならないときもあった。

「つまり学級崩壊だったんですよね。ただ、私は、受験をしていなかったために、巻き込まれることはなく、のほほんと楽しく過ごしました」

公立中学でイジメの対象に

姫乃たま(ひめの たま)/1993年2月12日、下北沢生まれの地下アイドル、ライター。アイドルファンよりも、生きるのが苦手な人へ向けて活動している、地下アイドル界のすき間産業。16歳よりフリーランスで地下アイドル活動を始め、ライブイベントへの出演を中心に、文筆業も営む。そのほか司会、DJとしても活動。音楽作品に『First Order』『僕とジョルジュ』、著書に『潜行~地下アイドルの人に言えない生活』(サイゾー社)がある。7インチレコード『恋のすゝめ』『おんぶにダッコちゃん』をリリース。Twitter:@Himeeeno(筆者撮影)

姫乃さんの実家はお金持ちではなかったし、両親は受験に興味がなく、姫乃さん自身も特に将来の夢もなかったので、受験はせずに地元の公立の中学校に進学することにした。公立の学校に来る子のほとんどは、受験に失敗した子や、受験をあきらめた子であり、皆、劣等感を抱いていた。

入学式の際、姫乃さんの出身小学校の中から誰かが代表して、新入生のあいさつをすることになったのだが、姫乃さん以外にあいさつを担当できる精神状態の生徒はいなかった。姫乃さんは文章を考えるのが好きだったし、あいさつをすることで興味のあった現代文の先生に早く会えると聞いて、快く引き受けることにした。

そして、あいさつをした翌日から、イジメの対象になった。

「入学式から変に目立ってしまって、ほかの生徒からしてみたら、公立中学に来といて、のびのびしてんじゃねえぞ!!って気持ちだったでしょうね。入学して3日で、私立の学校に行けばよかったって、早くも大後悔しました」

校則は異常に厳しかったし、会いたかった現代文の先生はヒステリックな人でまったく反りが合わなかった。もうさんざんだった。ずっと1個上の先輩にいじめられて、彼らが卒業した後は同級生にいじめられた。

上履きは何度もなくなり、机に「死ね」と書かれ、差出人不明の誹謗中傷メールが送られてきた。そんなつらい日々のストレスから、全身が膿んでしまって、体中にかさぶたができた。悲惨な見た目になってしまったため、余計にいじめられた。

「病院に行ったら、『体が膿んでいる原因はわからないですが、ハゲる可能性があります』って言われて。14歳なのにハゲるんだ……って、もう絶望的な気持ちになりました」

さすがに凝りて、高校は慎重に選ぶことにした。校則がゆるく、制服がない学校に決めた。和気あいあいとした、自由な学校だった。

次ページ初めてアイドルのイベントを見る
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。