6月の貿易収支は2カ月ぶり黒字、4399億円

半導体や自動車が輸出牽引、中国向け伸びる

 7月20日、財務省が発表した6月貿易統計速報は、貿易収支が4399億円の黒字だった。黒字は2カ月ぶり。写真は横浜港から輸出される新車。5月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 20日 ロイター] - 財務省が20日発表した6月貿易統計速報は、貿易収支が4399億円の黒字だった。黒字は2カ月ぶり。ロイターの予測中央値は4847億円の黒字だった。

輸出は前年比9.7%増の6兆6076億円となった。増加品目は半導体等製造装置(38.2%増)、自動車(5.0%増)、鉄鋼(19.0%増)など。地域別内訳は米国向けが同7.1%増、中国向けが同19.5%増だった。

一方、輸入は前年比15.5%増の6兆1676億円となった。増加品目は石炭(115.9%増)、液化天然ガス(43.9%増)、電算機類(含周辺機器)(33.4%増)など。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。