トランプ氏長男、26日米上院司法委で証言へ

元選対幹部のポール・マナフォート氏も出席

 7月19日、米上院司法委員会は声明を発表し、トランプ大統領の長男、ドナルド・トランプ・ジュニア氏(写真)とトランプ陣営で選対幹部を務めたポール・マナフォート氏が7月26日に同委員会で証言すると発表した。2016年9月撮影(2017年 ロイター/Brian Snyder)

[ワシントン 19日 ロイター] - 米上院司法委員会は19日、声明を発表し、トランプ大統領の長男、ドナルド・トランプ・ジュニア氏とトランプ陣営で選対幹部を務めたポール・マナフォート氏が7月26日に同委員会で証言すると発表した。

ジュニア氏とマナフォート氏は、2016年米大統領選へのロシアの干渉疑惑やトランプ陣営とロシアの共謀の可能性について質問される見通し。

また、トランプ大統領の娘婿であるクシュナー大統領上級顧問の弁護士によると、クシュナー氏も24日に上院で証言する。

上院はクシュナー氏の出席を確認していない。

クシュナー氏の弁護士は「(クシュナー氏は)引き続き協力する意向であり、事態沈静化に寄与する機会になると感謝している」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GAFA全解剖<br>あらゆる産業をのみ込む4巨人

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとったGAFA(ガーファ)。もはやこの4社の名前を聞かない日はない。あらゆる産業や社会生活に影響を及ぼすデータ独占4巨人。その実力と戦略を解明する。