トランプ氏長男、26日米上院司法委で証言へ

元選対幹部のポール・マナフォート氏も出席

 7月19日、米上院司法委員会は声明を発表し、トランプ大統領の長男、ドナルド・トランプ・ジュニア氏(写真)とトランプ陣営で選対幹部を務めたポール・マナフォート氏が7月26日に同委員会で証言すると発表した。2016年9月撮影(2017年 ロイター/Brian Snyder)

[ワシントン 19日 ロイター] - 米上院司法委員会は19日、声明を発表し、トランプ大統領の長男、ドナルド・トランプ・ジュニア氏とトランプ陣営で選対幹部を務めたポール・マナフォート氏が7月26日に同委員会で証言すると発表した。

ジュニア氏とマナフォート氏は、2016年米大統領選へのロシアの干渉疑惑やトランプ陣営とロシアの共謀の可能性について質問される見通し。

また、トランプ大統領の娘婿であるクシュナー大統領上級顧問の弁護士によると、クシュナー氏も24日に上院で証言する。

上院はクシュナー氏の出席を確認していない。

クシュナー氏の弁護士は「(クシュナー氏は)引き続き協力する意向であり、事態沈静化に寄与する機会になると感謝している」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT