赤字の都バス、「稼げない路線」は何が違うのか

収支で見る、知られざる都バスの正体<下>

入国管理局へ向かうバスは満員状態

黒字路線には「短い距離でしっかり稼ぐ」路線が多いのも特徴だ。黒字7位の「田87」や同10位の「都01」は短い営業キロ数ながら、沿線には学校や企業、病院をはじめとする施設が建ち並び、全区間にわたって利用者が一定数存在する。

黒字路線の中で唯一の例外が、黒字3位の「品99」だ。沿線には目立った観光地や企業がないにもかかわらず、朝のラッシュ時はバス停に長蛇の列ができるほどの盛況で、あふれそうな乗客に対して職員が乗降制限をかけるほど。

実は、ほとんどすべての乗客の目的地は東京入国管理局だ。車内では外国語が飛び交い、入国管理局に着くとおよそ50人もの乗客が一斉に下車し、それからバスは終点までもぬけの殻となる。

次ページ公共交通は鉄道だけではない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • iPhoneの裏技
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。