赤字の都バス、「稼げない路線」は何が違うのか

収支で見る、知られざる都バスの正体<下>

品川の入国管理局に向かう「品99」路線は年間2億円もの黒字を稼ぎ出す、高収益路線だ(記者撮影)

東京都バス、最長路線の「梅70」。都バスファンなら1度は乗ったことがある長距離路線だ。青梅駅にほど近い青梅車庫前から、東京都小平市の花小金井駅北口まで約30キロメートルを、2時間弱をかけて走っている。

実際に乗ってみると市役所や病院など一部の停留所は乗降客でにぎわうものの、大半の区間では空席が目立つ。この路線は都バスでは最も赤字が大きく、2015年度で2.1億円もの赤字となっている。

運賃だけでは長距離路線を支えられない

都バスを運行する東京都交通局が昨年10月に公表した資料によると、区から委託されている2路線を除く127路線のうち、7割以上の93路線が赤字だ(2015年度)。

東京都という日本最大の人口密集地を走るにもかかわらず大半の路線が赤字なのは、23区内ならどこから、どこまで乗っても一律210円(ICカードは206円)という料金体系にある。

そのため、赤字路線の上位に営業キロ数の長さが際だっている。これは距離が長いほど、利用者の少ない区間を抱えるという理由に加えて、コストに見合った乗降客が確保できず、運賃収入では路線を支えられないことが大きい。

次ページ赤字路線はここを走っている
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT