セクハラに暴言…永田町「秘書イジメ」の実態

豊田真由子議員が特別にヒドイわけではない

「委員会で質問するから質問を作れと言われたのですが、どうしたらいいですか」

このような相談の電話が筆者のもとにいきなりかかってきたこともある。大物議員の政策担当秘書として採用された男性からだった。その男性は別の国家試験に合格していたものの、政治の世界への憧れが強く、秘書になることを選んだ。だが給与の半分以上がピンはねされ、東京での住まいは議員と同じ宿舎で、24時間身の回りの世話をしなければならかった。

「ずっと議員がそばにいるので、新聞を読む時間さえない。勉強する時間がまったくないのに質問なんて作れるはずがない。でも作らないと『能力がない』と叱られる」

半泣きだったその男性はその後、秘書を辞めて故郷に戻った。そして公務員になったと聞いている。

その他にも、外では優しい議員を装いながら事務所内で常に秘書を大声で怒鳴る自民党の議員や、秘書の些細なミスをひとつひとつ取り上げてネチネチと人格攻撃する議員もいる。

「議員会館の事務所で2人だけいて、『あなたはこんなこともできないの?バカじゃない?そう思わない?バカでしょ?バカだよね?』と責めるように何度も言われると、自分が本当にどうしようもない人間のような気がしてくる」(後者の議員の秘書)。こうなれば、もはや陰湿なイジメと言っていいだろう。

ある有名政治家の事務所では、かつて他の事務所の秘書と口をきくことを禁止され、名刺すら作らせてもらえなかったという話もある。ほとんど何もすることなく1日を過ごすというのは、ある意味で拷問に近い。

豊田議員は本当に離党するのか

男性秘書への暴行・暴言問題で話題となった豊田議員だが、この際は、告発した秘書の勇気を称えるべきだろう。秘書の立場は弱く、たいていは泣き寝入り。筆者が聞いた話も「実名は出さないでほしい」という条件付きのものばかりだ。

豊田議員は22日に自民党本部に離党届を提出している。加計学園問題などで自民党に逆風が吹き、都議選に影響が及ぶことを懸念したことによる措置だが、まだ党紀委員会にかけられておらず、正式に離党が決定したわけではない。

一部では「被害者の元男性秘書と示談が成立すれば、離党届は取り下げ」や「都議選の結果が自民党にとって悪くなければ、離党届は取り下げ」などとも囁かれているが、自民党がこうした不祥事と決別するつもりならば、早期に結論を出すべきではないだろうか。 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT