Bトレ「水戸岡コレクション」発売の舞台裏

バンダイの鉄道模型ビジネスにママ鉄が迫る

Bトレインショーティーとは、鉄道模型のNゲージ(実物の1/150、レール幅9ミリメートル)規格に合わせた鉄道車両のプラモデル。最大の特徴は、車体の長さを実物の半分程度に縮めたデザインです。だから‘ちいさくて、かわいい’なのですね。

そしてもうひとつの特徴は、別売りのパーツを組み合わせるとNゲージの線路を走らせることもできるのです。自分で組み立てた車両が線路で走ったらうれしいですよね。

Bトレにはたくさんのラインナップがある(撮影:梅谷秀司)

2002年の登場から今年で15年。約1700種の車両が製品化されています。最初は通勤車両を中心とした24種が一箱400円で販売されました。でも、正確には、さらに一足早く発売されたモデルもあるそうです。いちばん最初に製品化した車両は江ノ島電鉄の車両でした。正確には、バンダイが開発し、江ノ島が自社の商品として発売したということです。こうした鉄道事業者と連携した商品も全国にたくさんあります。

大人も納得の渾身デザイン

Bトレのいいところは、なんといっても手頃な価格設定。2両セットで1000円台が基本ということで子どものお小遣いでも買いやすい。かくいう我が家でも、息子の誕生日プレゼントやご褒美にはBトレを選ぶことが多いのです。「15才以上」というBトレの対象年齢よりずっと早く、5歳ころからBトレの楽しさに目覚めてしまった息子は、1両30分くらいでカチカチと組み立ててしまいます。手先も器用になりますし、親子で一緒に作る楽しい時間になります。

子どもだけでなく、多くの大人にも愛されているBトレ。Nゲージを買うこともできる大人がはまるのはなぜか?「Nゲージと比較すると、長さが短いので省スペースで楽しめるし、集めやすい。ディテールも大人寄りになってきた」と話すのはホビー事業部ハイターゲットチームの近藤さん。大人も納得の渾身のデザインなのです。

約1700種のラインナップの中でいちばん売れた車両を聞いてみたところ、2009年に期間限定で走った山手線命名100周年記念のチョコレート車両でした。私も何度も撮影しに行ったのを覚えています。期間限定車両にもいち早く対応する素晴らしさ。それだけでなくパッケージを10種類も作ったそうです。そういったこだわりもBトレファンの心をつかんで離さないのだと思います。

次ページラインナップはどうやって決まった?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 御社のオタクを紹介してください
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。