「北斗の拳」のザコが舞台で主役を張れるワケ

「世紀末ザコ伝説」が映す人気作品の世界観

人気キャラクターの掘り下げを行うスピンオフ作品が多い中、『北斗の拳』はあえて「名前すら決まっていないザコキャラクター」を中心に据えた。この異質な企画が成立した背景には、『北斗の拳』が持つ「世界観」がある。『北斗の拳』の独特の世界観をつくり出しているのはザコの振る舞い、生きざま、死にざまだ。作品の屋台骨であるザコに焦点を当てる試みはまさに「記念企画」にふさわしいといえる。

なぜなら、『北斗の拳』は「ザコがつくった舞台の上で、主人公が戦う物語」だからだ。

ケンシロウを正義の味方に育てたザコたち

『北斗の拳』の主人公のケンシロウが使うのは暗殺拳だ。暗殺拳というだけあり、彼の技を食らった敵はほぼ100%死亡する。それも顔を台なしにされたり、内臓が飛び散ったり、異常なほど体が膨れ上がって爆発したりと、無残な姿にされることが多い。

いくら悪を倒すヒーローものの作品とはいえ、敵を容赦なく殺すとなれば賛否両論が湧き起こるものだろう。それでも、『北斗の拳』においてザコの死にざまに異論を唱える読者はほとんどいない。

なぜなら、『北斗の拳』のザコは「同情の余地のない悪人」だからだ。モヒカンにトゲつきの肩アーマー、改造バイクを乗り回すというとがりにとがった見た目もさることながら、「ヒャッハー」の掛け声のもとに略奪行為を働く姿にはいっさいの倫理観や常識が感じられない。彼らはただ自分たちの欲望のまま、ひたすらに暴れ回る。人間の暴力性と意地汚さが見事に融合した悪人らしい悪人の姿は、読者に「倒されて当然」という感想を抱かせる。

そんなザコ相手に暗殺拳を振るうから、ケンシロウの行為は正義とされる。情けをかける気にならない悪人だから、無残な最期がカタルシスにつながる。

もし、ザコの悲しい過去や仲間を気遣う描写が挿入されたなら、ケンシロウは正義のヒーローから一転、血も涙もない人殺しの烙印を押されるだろう。悪は悪のままでもいられるが、正義の味方は悪がいなければ成り立たない。ケンシロウが悪を成敗できるのは「悪役がちゃんと悪役をしているから」にほかならないのだ。

次ページザコ達が照らす世紀末の明るさ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT