残念!スマホ画面が最も割れやすい落とし方

ケースや保護カバーはどれだけ効果的か

修理情報サイトiFixitによると、スマホの液晶画面にひびが入りやすいのは、スマホを単に下向きに落としたときではなく、角や縁に大きな衝撃が加わったときだ。すると小さな面積に衝撃が集中して、画面にひびが入る可能性が高くなる。

一方、画面全体が地面に着地するような落とし方なら、意外にも衝撃は広く拡散されて、ひびが入らないことが多い。もちろん、すでに何度か落として、画面に見えないひびが入っているような場合は別だ。それにコンクリートの地面に落としたら、無傷でいるのは難しいだろう。

フィルムを貼っておくと、小さなキズもつきにくいから、落としたときに大きなひびが入る可能性をある程度小さくしてくれるだろう。iFixitのカイル・ウィンズ最高経営責任者(CEO)も、スマホを長持ちさせたいなら、フィルムを付けるべきだと言う。ポケットやカバンの中で、鍵とこすれて傷がつくといった小さなアクシデントも防いでくれる。

それに保護フィルムはそんなに高くない。ワイヤカッターが8商品を調べた結果、1番に勧めるのはテックマット(TechMatte)のガラスの保護フィルムだ。値段は8ドル。40ドル以上もするフィルムもあるけれど、テックマットのフィルムがいちばん保護力が高かった。

スマホ本体のデザインは失われるが

液晶画面以外の場所も傷をつけたくないなら、保護ケースを使うといいだろう。スマホを傷から守れるし、落としたときの衝撃も吸収してくれる。

保護ケースにはプラスチック製から革製までいろいろなものがある。その中でも、ワイアカッターのイチオシは、シルク(Silk)の11ドルのケース。薄いプラスチックで、安くて、滑り止めにもなる。

保護ケースやフィルムは、安心をくれるかわりに、スマホ本体のデザイン性を奪ってしまうのが残念だ。せっかく選んだ色が隠れてしまったり、美しいフォルムが台なしになる場合がある。フィルムだって、わずかだが厚みを増やす。

では、せめてケースかフィルムかどちらかにするとしたら、どちらを選ぶべきか。

保護力という意味では、ケースを選ぶべきだ。なにしろカバーする面積が大きい。「フィルムよりもケースのほうが絶対おすすめだ」と、ワイアカッターで実際にアクセサリーの比較をしたニック・ガイは言う。「でも、ガラスのフィルムも安いから付けてもいいと思う」

次ページ故障よりも紛失や盗難のほうが可能性大
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT