残念!スマホ画面が最も割れやすい落とし方

ケースや保護カバーはどれだけ効果的か

スマホを落としたときに画面にひびが…(写真:Imagesbykenny / PIXTA)

スマートフォン(スマホ)を買ったら、大抵の人が最初にするのは、保護ケースを買うことではないだろうか。

ケースなしでスマホを持ち歩くのは、バンパーのない車を運転するようなもの。真新しいスマホの画面にひびが入ったり、美しい曲線にへこみができたりしたら最悪だ。

スマホのアクセサリー市場は、2022年までに1030億ドルに達する見込みだ(アライド・マーケット・リサーチ調べ)。2014年は610億ドルだったから、これからどんどん伸びる可能性が高い。なかでもいちばんの売れ筋は保護ケース。

とはいえ、スマホのアクセサリーにも、効果がいまいちはっきりしないものがある。たとえば画面に貼る保護フィルム。本当に液晶画面の割れを防いでくれるのだろうか。販売店では必ずと言っていいほど勧められる長期補償は?

そこでニューヨーク・タイムズ紙は、傘下の商品評価サイト「ワイアカッター(Wirecutter)」と組んで、保護フィルムとケースの比較をしてみた。

フィルムとケースは必須?

大抵の人は、保護フィルムか保護ケース(またはその両方)を使うべきだ。紛失や盗難が心配なら、長期補償ではなく、保険に入ることを考えたほうがいいかもしれない。

スマホの液晶画面に派手なひびが入っているのに、そのまま使っている人がときどきいるけれど、それってかなり哀れな光景だ。保護フィルム(プラスチック製とガラス製がある)を貼っておけば、そんなことにならずに済むとメーカーは言う。ただし、フィルムを貼っておけば絶対大丈夫とも言い切れない。

次ページ液晶画面にひびが入りやすい落とし方
人気記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。