アップルが「HomePod」で見せた絶妙な戦略

グーグル・アマゾンと違うアプローチを披露

全方向に向いたツイーターは、その役割を自動的に決める。正面に向いたツイーターは、ボーカルなどを直接リスナーに届け、壁に向いたツイーターは壁の反射を利用し、包み込むような音場作りに寄与する。1台でも豊かなサラウンドを作り出す仕組みが備わっていた。その心臓部には、iPhone 6に用いられていたA8プロセッサが埋め込まれる。

アップルがHomePodで意識しているのは、スマートホームのハブ、という役割よりもむしろ、Apple Musicの利用促進だ。

ストリーミング音楽は、スマートフォンやタブレット、パソコンを介して楽しむことがほとんどで、Bluetoothスピーカーを使う際にも、スマートフォンから音楽再生をしなければならなかった。そのため通話やビデオ再生のたびに部屋の音楽が止まってしまい、音楽体験として不完全なものとなっていた。

Amazon EchoやGoogle Homeも、スマートフォンなしで音楽を楽しむことができる点が、人工知能やスマートホーム以上に強いニーズになりうる。しかし、実際にこれらのスピーカーを部屋に置いてみると、満足のいく音質を得ることはできなかった。オーディオ機器として評価できる製品とは言えなかったのだ。

そこにアップルは目をつけた。HomePodが、スピーカーとして妥協せず音質にこだわっているのは、「ストリーミング音楽時代のスピーカー」という提案をより確実なものとするため、と見ることができる。

Siriとスマートホームを控えめにした「さじ加減」

WWDC 2017で披露されたHomePod利用シーンのデモ(筆者撮影)

現在米国で販売されているワイヤレススピーカー「SONOS」は、一足先にApple Musicに対応しており、SONOSのアプリから指定すれば、iPhoneの音楽再生機能を使わなくても、スピーカーが直接ストリーミング音楽を受信し再生してくれる。

アップルは、Apple Music対応のアプリやスピーカーを拡大させる計画で、今回のWWDC 2017でApple MusicのAPIを公開し、SONOSと同様のアプリやスピーカーを開発することも可能になった。

加えて、ワイヤレスで音楽を再生するAirPlay 2も登場し、iPhoneで家にある複数のスピーカーの一括管理にも対応した。ワイヤレススピーカーのパートナーとして、ボーズ、バング&オルフセン、アップル傘下のBeatsなど、人気のオーディオメーカーから対応スピーカーを登場する予定だ。

スマートスピーカーは「ポストスマホ」の呼び声も高いが、アップルのHomePodからは、そうした次世代を担う存在感を聞き取ることはできなかった。

次ページ「iPhoneの代わり」にはならない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。