アップルが「HomePod」で見せた絶妙な戦略

グーグル・アマゾンと違うアプローチを披露

iOS 11とともに紹介されたSiriの機能拡張の範囲が期待外れだったことからも、このHomePodが「iPhoneの代わり」と言えるほど重要な存在にはなりえない。アップルの売り上げの6~7割を占めるスマホビジネスを、みすみす縮小させる理由はないのだ。

HomePodも、あくまで、ストリーミング音楽サービスを使っているiPhoneユーザーが、自宅で快適に音楽を楽しめるようにするアクセサリ、という位置づけを超えることはない。

アップルがテクノロジーのすべてのトレンドを決めるわけではないが、HomePodがオーディオ製品としての色を濃くしたことは、スマートスピーカーが将来の生活の中心にはならない、というアップルによる宣言となった。

しかし、アップルは349ドル(約3万8000円)というHomePodの価格について、ワイヤレススピーカーとスマートスピーカーを両方そろえた金額の半分で済む、と説明する。AIスピーカーはメインストリームにはならないとしつつも、「アップル製品はお買い得」と説明するあたりが、今回のアップルの絶妙なさじ加減だった。

競業製品であって、競り合わない戦略

「HomePod」のホワイト(筆者撮影)

HomePodの登場は、前述のとおり、AIスピーカーの時代の到来を退けるような意思表示を感じるとともに、オーディオ機器として、そしてスマートホームのハブとしても中途半端だった既存の製品と差別化する、「音にこだわるスピーカー」というキャラクターを与えることになった。

しかし、音声アシスタントのSiriにも対応しており、ほかのアシスタントと同じように、スマートホームのコントローラーとして利用したり、ニュース、天気、スポーツ、スケジュールなどの問いかけに対して、きちんと応えてくれる。

明確な役割と購入理由を与えなければ普及や活用が進まない。そんなアップルなりのアプローチで仕切り直した結果、Amazon EchoやGoogle Homeとの真っ向からの勝負を避ける格好となった。

その点で、HomePodは、まずはオーディオ機器としての成功を収めることになるだろう。ただ、繰り返しになるが、それがAIスピーカーの時代の到来になるとはかぎらないのだ。

HomePodは、2017年12月に、アメリカ、イギリス、オーストラリアの英語圏3カ国で発売の予定だ。Siriはすでに日本語も含む幅広い言語をサポートしているだけに、日本での早期の発売も期待したいところだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。