大戸屋が「野菜」と「女性」をアピールするワケ

丸の内新型店舗に透けて見える2つの狙い

セルフレジについては丸の内で2店目の設置となり、効果を見極めている最中だ。窪田社長は「採用環境は厳しい状況。採用コストと時間が今までの2倍かかる。(注文用タブレット端末の設置などによって)フロアスタッフの数を4人から3人に減らしたい」と語る。

新型店舗の出店費用は、ビルインタイプの場合で5000~6000万円と、従来型店舗とほとんど変わらない。今後、新規出店する店舗については、原則的に新型店と同様の形態にする方針だ。さらに注文用タブレット端末は向こう1~2年で国内全店に設置する計画も立てている。

26カ月連続で客数減

注文用のタブレット端末を新たに導入。今後全店に拡充予定だ(撮影:風間仁一郎)

大戸屋の狙いは、顧客へのアピールを強化することと、店舗の運営費用を下げるという2つがありそうだ。

同社が5月10日に開示した前2017年3月期決算は、売上高256億円(前期比1.5%減)、営業利益7.0億円(同18.2%増)と減収増益。既存店売上高は年度平均で客数が2.4%減、客単価が0.2%増だった。

国内既存店の客数は2015年3月~2017年4月まで26カ月連続で前年割れが続いている。

既存店が前年を下回ったにもかかわらず、利益が改善したのは、赤字だった上海の子会社を清算したことや、米国の出店費用や水道光熱費が減少したことなど、一時的な費用が減少したことが大きい。

今2018年3月期は売上高270億円(前期比5.4%増)、営業利益8.6億円(同21.2%増)を増収増益の見通しを立てる。「大きくは客数の回復」(窪田社長)によって、既存店売上高を反転増させ、業績を回復させる目算だ。

新メニューの「野菜のせいろ蒸しとたっぷり野菜の麦みそ汁定食」(税込み885円)(写真:風間仁一郎)

さらに大きな課題が店舗網の拡大だ。昨年11月に公表した中期経営計画では、フランチャイズ(FC)店を中心に出店を加速させて、2020年3月期に国内414店舗体制(2016年3月末で同342店)に拡大する戦略を掲げた。

ただ、2017年3月期はFC店の出店数が計画に対して未達となった。「大戸屋は人件費がかかり、収益性がいいとはいえない業態」(大戸屋のFCを運営する会社)と、人手の確保や店舗運営コストが重しになり、新規オーナーの獲得や既存オーナーによる出店が想定ほど進まなかった。

次ページ新型店舗を生かせるか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。