北朝鮮の飛翔体は新しい対空誘導兵器だった

正恩氏立ち会い、量産と全土への配備を命令

 5月28日、北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は、金正恩朝鮮労働党委員長が新たな対空誘導兵器システムの試験に立ち会い、量産と全土への配備を命じたと伝えた。2014年10月撮影(2017年 ロイター/Denis Balibouse)

[ソウル 28日 ロイター] - 北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は28日、金正恩朝鮮労働党委員長が新たな対空誘導兵器システムの試験に立ち会い、量産と全土への配備を命じたと伝えた。

KCNAによると、試験はミサイルや核兵器の開発に関わっているとみられる国防科学院が実施した。対空誘導兵器システムの具体的な特徴や試験が実施された時間などには言及しなかった。

KCNAは「金委員長は、国防科学院が実施した新種の対空誘導兵器システムの試験に立ち会った」とし、「この兵器システムの能力は完全に確認された。空での優越性と武器の威力を誇り、空を支配しようとする敵の大それた夢を完全に打ち砕くため、全土への配備に向けて量産する必要がある」と伝えた。

また、試験には金委員長とともに、ミサイル開発の加速に関わっているとみられる高官など軍側近も立ち会ったとした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT