いきなりステーキは「超常連」も半端なかった

ハマる人続出、肉マイレージの魔力とは?

この人気プログラムに参加するランキング上位の猛者たちは、一体どんな人物なのだろうか。記者は実際に会い、その実情を追った。

かつてのチャンピオンであるTAKAさん。いきなりステーキを活用して大幅なダイエットに成功した。現在もランキング6位と上位に食い込んでいる(記者撮影)

まずは2016年4月に累計300キロを達成するまで、総合ランキングで1位をひた走ってきたかつてのチャンピオン、都内の会社役員であるTAKAさん(52)だ。いきなりステーキとの出合いは2014年。当時、身長は176センチ体重は90キロと肥満ぎみだった。

そこで「40代最後の年にダイエットをしよう」と一念発起。たんぱく質を摂取するために、赤身肉のステーキを食べるダイエットを始めた。ところが、自分で調理してもすぐに冷めてしまっておいしくない。そんな折、仕事で訪れた赤坂で出合ったのが、いきなり!ステーキだった。

「肉の種類や部位が書いてあり、しかもグラム売り。肉単品でも頼めると聞き、これだ!とビビーンときました。しかも六本木や銀座など、自分の行く先々に出店される。これならどこでも食べられると1日2回通うことにしました」(TAKAさん)。

定期預金を取り崩してまで、ステーキを食べた

開店時間の11時、トレーニング後の16~17時の2回、1日700~1000グラムを食べる生活を1年間続けた。店に備え付けの調味料は種類が限られていたため、練りわさびや醤油、練り梅を持ち込んでいた。ライスや根菜など、糖質が含まれるものは食べなかったという。

トレーニングの成果も上がった。「いきなりステーキでたんぱく質をとり、筋トレ、有酸素運動で代謝を上げることができた。いきなりステーキは出張先の地方にもある。どこでも肉を補給できるのは大きかった」(TAKAさん)。ストイックな生活を続けたことで、体重は20キロ落ち、体脂肪率も1ケタ台というアスリートのような身体になった。

累計300キロが見えてきたときのことだ。当時は300グラムの「ワイルドステーキ」(比較的リーズナブルな看板メニュー)と300グラムのハンバーグの組み合わせで昼夜食事をし、1日1200グラムを食べていた。ほかの上位ランカーもすさまじい勢いでTAKAさんを追い上げていたため、「尻をたたかれる思いだった」と振り返る。定期預金を取り崩すなどの金策もしていたほどだった。

TAKAさんは300キロを達成したら、肉マイレージの加算をやめようと決めていた。「このまま1位であり続けることに何の意味があるのか。金銭的にも続けられない」と苦しい状況だったからだ。

悩み抜いた結果、一瀬社長に「食べるのが日課になったおかげでダイエットに成功しました。これからもずっと食べ続けますが、トップを走り続けるのは大変なので、マイレージをやめます」と伝え、2016年4月にダイヤモンドカードを返上したのだった。

次ページ店に通い詰める「フィジーク美女」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT