神保町「未来食堂」の"非常識な成功"の秘密

ITエンジニアが定食屋をやってみたら…

少々、極端な例かもしれないのですが、しかし、まわりを見渡してみると、どうでもいいことにエネルギーを割いて、肝心の本業に力を回せていないケースが多々、見受けられるのです。「飲食店開業に向けて食器を探します」と言うわりには、東京中のデパートの食器売り場を訪れていなかったり。

また、時間の使い方で私が心掛けているのは、「XX分までは作業する」と決め、決めた分を守ったらあとはのんきに過ごすというルールです。個人的な考えかもしれないのですが、「今日は〇〇をやろう」と“やる量”を基準にすることはよくないと思っています。なぜかというと、「今日は〇〇をやろう」と思っている時点で、それは“やりたくないこと”だからです。やりたくないことをやろうとしてもなかなか集中できず、ついグダグダと過ごしてしまうもの。でも、時間は確実に過ぎていきます。

時間で区切りをつけておくと「今日はここまで頑張ったし!」と前向きに過ごすことができます。気分がノッてきたら、目標時間をずるずると延ばせばいいのです。

なぜ、未来食堂を手伝うと夢がかなうのか?

ここまで、無駄を見つけ、時間を有効に使うための3つのルールをご紹介してきました。

このほかにも、年間450人の“まかないさん”を見ているうちに、新しいことをやりたいと考えたり悩んだりしている方に特有の、思考や振る舞いのくせがあることに気づいたことがあります。

たとえば、頭の中にぼんやりと浮かんでいる“やりたいこと”をほかの人に理解してもらうのは、思っている以上に難しいものです。自分以外の人たちにやりたいことをわかってもらうためには、その絵を色濃く描くことが大切です。鮮明に絵が描ければ、実現したも同然。ですから、うまく絵を描けていない方には、軽く質問をしながら一緒にイメージを膨らませていくようにしています。

『やりたいことがある人は未来食堂に来てください』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

また、「うまくいかなかったらどうしよう」という不安を抱えている“まかないさん”もたくさんいらっしゃいます。私自身、人一倍ネガティブ思考なものですから、未来食堂をはじめるまではクヨクヨして過ごしていました。そうなると、“解決しなければいけない問題点”と“起こったら怖いこと”がごっちゃになってしまいます。

こういう事態に陥ったときには、“やること”は何で、“覚悟すること”は何か。その2段階で考えると気持ちを整理することができます。

ざっとですが、駆け足で、“まかないさん”たちにぽつぽつ話していることからいくつかご紹介しました。

やりたいことにブレーキをかけるのはただ1つ、私やあなたの心だけ。私も“まかないさん”も、悩んだり立ち止まったりしながら進んでいます。体力や時間は有限であることを意識しながら、新しいことややりたいと思うことを、「始めて」「続けて」「伝えて」いきましょう。今日のこの短い文章で、私の思いがわずかでもお伝えできたなら、うれしく思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT