北朝鮮から韓国への飛行体、風船の可能性

宣伝ビラを運ぶ風船だった?

 5月24日、韓国軍は、前日に北朝鮮側から南北軍事境界線を越えてきた正体不明の飛行体について、ドローン(小型無人機)ではなく、宣伝ビラを運ぶ風船だった可能性が最も高いと明らかにした。写真は北朝鮮国旗。北京で昨年1月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ソウル 24日 ロイター] - 韓国軍は24日、前日に北朝鮮側から南北軍事境界線を越えてきた正体不明の飛行体について、ドローン(小型無人機)ではなく、宣伝ビラを運ぶ風船だった可能性が最も高いと明らかにした。

韓国軍は境界線を越えた飛行体に警告射撃を実施。飛行体はレーダーから消えた。

韓国の聯合ニュースは軍の発表に先立ち、境界線近くで飛行体が発見され、風船と確認されたと伝えていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT