北朝鮮から韓国への飛行体、風船の可能性

宣伝ビラを運ぶ風船だった?

 5月24日、韓国軍は、前日に北朝鮮側から南北軍事境界線を越えてきた正体不明の飛行体について、ドローン(小型無人機)ではなく、宣伝ビラを運ぶ風船だった可能性が最も高いと明らかにした。写真は北朝鮮国旗。北京で昨年1月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ソウル 24日 ロイター] - 韓国軍は24日、前日に北朝鮮側から南北軍事境界線を越えてきた正体不明の飛行体について、ドローン(小型無人機)ではなく、宣伝ビラを運ぶ風船だった可能性が最も高いと明らかにした。

韓国軍は境界線を越えた飛行体に警告射撃を実施。飛行体はレーダーから消えた。

韓国の聯合ニュースは軍の発表に先立ち、境界線近くで飛行体が発見され、風船と確認されたと伝えていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。