北朝鮮から韓国への飛行体、風船の可能性

宣伝ビラを運ぶ風船だった?

 5月24日、韓国軍は、前日に北朝鮮側から南北軍事境界線を越えてきた正体不明の飛行体について、ドローン(小型無人機)ではなく、宣伝ビラを運ぶ風船だった可能性が最も高いと明らかにした。写真は北朝鮮国旗。北京で昨年1月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ソウル 24日 ロイター] - 韓国軍は24日、前日に北朝鮮側から南北軍事境界線を越えてきた正体不明の飛行体について、ドローン(小型無人機)ではなく、宣伝ビラを運ぶ風船だった可能性が最も高いと明らかにした。

韓国軍は境界線を越えた飛行体に警告射撃を実施。飛行体はレーダーから消えた。

韓国の聯合ニュースは軍の発表に先立ち、境界線近くで飛行体が発見され、風船と確認されたと伝えていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。