JT、プルーム・テック専門店を銀座等で展開 

6月29日から東京で無煙たばこの販売開始

 5月23日、JTは、無煙たばこ「プルーム・テック」のデバイスと専用たばこカプセルの東京での販売開始に際し、専門店を銀座や新宿など都内に数店舗展開すると発表した。同商品は、昨年3月から福岡市とオンラインで販売しているが、6月29日から東京での販売をスタートさせる。写真は都内で12日撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 23日 ロイター] - JT<2914.T>は23日、無煙たばこ「プルーム・テック」のデバイスと専用たばこカプセルの東京での販売開始に際し、専門店を銀座や新宿など都内に数店舗展開すると発表した。同商品は、昨年3月から福岡市とオンラインで販売しているが、6月29日から東京での販売をスタートさせる。

東京での販売は、6月29日から専門店、7月10日から港区や渋谷区など6区のたばこ販売店約100店舗で開始する。今後、順次販売エリアを拡大し、2018年上期には全国展開する予定。また「プルーム・テック」のスターターキットについては、オンラインによる事前予約での販売となる。

「プルーム・テック」は、たばこ葉を燃やさず、直接加熱もしない「たばこベイパー(蒸気)」商品。充電式のデバイスにたばこの葉が詰まったカプセルとリキッドのカートリッジをセットし、蒸気を通して味わう。

無煙の次世代たばことしては、フィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)<PM.N>の「iQOS(アイコス)」が先行。ブリティシュ・アメリカン・タバコ(BAT)<BATS.L>も昨年12月に「glo(グロー)」の販売を仙台市で開始している。

 

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT