賃金が物価よりも上昇しないとデフレは続く

GDPデフレーターを分析するとよくわかる

輸入物価の上昇で引き起こされる消費者物価などの上昇が、物価の下落が続くというデフレ心理を変えるという効果についてはどうだろうか。確かに消費者物価の上昇が続くと、消費者はそのまま物価の上昇が続きそうだと考えるようになっていく。デフレ心理は改善されるかもしれない。しかし、問題はそれが消費の拡大につながるかどうかだ。

消費者物価の上昇以上に賃金が増えていれば、消費者は今の消費水準を維持するのに十二分の所得があり、物価が上がる前に商品を購入しようというメカニズムは働きやすい。しかし、賃金の上昇が物価上昇に追いつかなければ、貯蓄を削るしか消費水準を維持する方法はなくなる。そう考えて、物価の上昇が将来不安につながってしまえば、むしろ逆効果となるおそれもある。

日本は小麦や大豆、トウモロコシなどの食料品、食品の原材料を輸入に頼っているので、円安による輸入物価の上昇は食品価格の上昇に直結する。耐久消費財は高額なので消費者物価指数ではウエートが高いが、購入の頻度は低いので価格が低下しているということを実感する機会は少なく、ほとんどの消費者は価格下落の実感がない。

物価よりも賃金が上がらなければ購入意欲は低下

一方、食料品のように毎日購入するものは、1つひとつの品物の価格は低くても、価格が上昇したという印象を多くの消費者に与える。輸入物価の上昇で起こる物価上昇は、賃金が上がらない中で食品価格や光熱費の上昇など生活必需品の消費負担の増大を引き起こし、それ以外のものを購入する余裕も意欲も低下させてしまうおそれが大きい。

失業率は2%台に低下して人手不足が深刻化しているのに、賃金は上がってこない。金融緩和策を主張する人々は、消費者が将来も物価は上がらないというデフレマインドを抱いているために消費を増やさないと主張している。しかし、デフレマインドはデフレが続く原因ではないだろう。日本経済がデフレから脱却できない理由は、円安で輸入物価が押し上げられても、それを上回る賃金上昇がないところにある。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT