賃金が物価よりも上昇しないとデフレは続く

GDPデフレーターを分析するとよくわかる

輸入価格の上昇を上回る賃金上昇がないとデフレ脱却は難しい (写真:Syda Productions / PIXTA)

消費者物価は上昇だがGDPデフレーターはマイナス

5月19日に発表された1~3月期のGDP(国内総生産)統計では、GDPの物価指数ともいえるGDPデフレーター(GDPの物価水準。名目GDP÷実質GDP)が前年同期比でマイナス0.8%となった。

この連載の一覧はこちら

消費者物価はエネルギー価格の下落などから、2016年に入ると前年比で下落基調となり、2017年になってようやく上昇に転じた。消費者物価の動きから、一時はデフレに逆戻りかという懸念が出ていたものの、ここへきて逆戻りの懸念は弱まったと判断される。

ところが、逆にGDPデフレーターの動きからすると、デフレに逆戻りという懸念が強まりつつあるように見える。

GDPの主要な需要項目のデフレーターを見てみると、政府最終消費支出を除いて、すべての項目で上昇率はマイナスからプラスに転換しており、1~3月期には物価が上昇に転じたことが確認できる。このような中で、個別の需要項目を統合したGDPデフレーターの上昇率はなぜマイナスとなっているのだろうか。

それは、GDPデフレーターの上昇率は純粋に国内で起こった物価上昇を示すものであり、輸入原油の価格上昇といった輸入品が引き起こした物価変動分を取り除いているからだ。

次ページGDPデフレーターがプラスになる場合
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。