排出権取引とは何か 知っておきたい二酸化炭素市場の仕組み 北村 慶 著

排出権取引とは何か 知っておきたい二酸化炭素市場の仕組み 北村 慶 著

活動に伴うCO2を排出権購入で相殺するカーボンオフセットが企業のCSR、商品差別化で注目されている。

排出権は多種類あるが、EU域内排出権(EUA)と京都議定書同(CER等)でほぼ市場を二分。日本の削減目標に貢献するのは京都議定書に基づく排出権だけで、かつ先渡し契約が主であり、プロジェクトの成否にかかわる受け渡しリスクに注意が肝要。

排出権は金銭を動機とする投資対象の地位も築きつつある。金融商品としては暴落の可能性も大きく、まだなお未成熟だが、ファンドは排出権市場の価格変動や、排出権プロジェクトへの投資によって利益を生み出している。

ビジネスの視点から排出権の仕組み、動向を多面解説。

PHPビジネス新書 840円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。