仏大統領夫人「25歳年上の元演劇教師」の正体

夫への指導は今後も続く

 5月7日、39歳の若さで史上最年少のフランス大統領となるマクロン氏(左)と妻ブリジットさん(右)の初めての出会いは、マクロン氏が15歳、ブリジットさんが40歳のとき。ブリジットさんは既婚者で、マクロン氏に演劇指導を行う学校の先生だった。仏北部ルトゥケで撮影(2017年 ロイター/Philippe Wojazer)

[パリ 7日 ロイター] - 39歳の若さで史上最年少のフランス大統領となるエマニュエル・マクロン氏と妻ブリジットさんの初めての出会いは、マクロン氏が15歳、ブリジットさんが40歳のとき。ブリジットさんは既婚者で、マクロン氏に演劇指導を行う学校の先生だった。

ファーストレディーとしてエリゼ宮(大統領府)に入ることになった64歳のブリジットさんによる、夫への指導は今後も続くだろうが、より大きな舞台の上で行われることとなる。

「あなたなくして今の私はない」

ブリジットさんは選挙期間中、常に夫のそばに立ち、スケジュール管理や演説原稿の編集、そして檀上でいかに振る舞うか助言を行った。

2週間前に行われた第1回投票での勝利後に行った演説で、マクロン氏はブリジットさんを壇上に上げて感謝の気持ちを伝え、拍手喝采を浴びた。

「ブリジット、以前にも増してあなたの存在は大きい。あなたなくして今の私はない」と、感極まったマクロン氏は、ブリジットさんの名前を叫ぶ大勢の支持者を前にこう語った。

2014年8月、左派オランド政権でマクロン氏が経済相に指名されたとき、同氏と妻のブリジットさんは共に無名の存在だった。1年後、ブリジットさんは野心的な若き夫を支えるため教職を離れた。

次ページ公人としてのマクロン氏の不可欠な一部
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT