仏大統領夫人「25歳年上の元演劇教師」の正体

夫への指導は今後も続く

 5月7日、39歳の若さで史上最年少のフランス大統領となるマクロン氏(左)と妻ブリジットさん(右)の初めての出会いは、マクロン氏が15歳、ブリジットさんが40歳のとき。ブリジットさんは既婚者で、マクロン氏に演劇指導を行う学校の先生だった。仏北部ルトゥケで撮影(2017年 ロイター/Philippe Wojazer)

[パリ 7日 ロイター] - 39歳の若さで史上最年少のフランス大統領となるエマニュエル・マクロン氏と妻ブリジットさんの初めての出会いは、マクロン氏が15歳、ブリジットさんが40歳のとき。ブリジットさんは既婚者で、マクロン氏に演劇指導を行う学校の先生だった。

ファーストレディーとしてエリゼ宮(大統領府)に入ることになった64歳のブリジットさんによる、夫への指導は今後も続くだろうが、より大きな舞台の上で行われることとなる。

「あなたなくして今の私はない」

ブリジットさんは選挙期間中、常に夫のそばに立ち、スケジュール管理や演説原稿の編集、そして檀上でいかに振る舞うか助言を行った。

2週間前に行われた第1回投票での勝利後に行った演説で、マクロン氏はブリジットさんを壇上に上げて感謝の気持ちを伝え、拍手喝采を浴びた。

「ブリジット、以前にも増してあなたの存在は大きい。あなたなくして今の私はない」と、感極まったマクロン氏は、ブリジットさんの名前を叫ぶ大勢の支持者を前にこう語った。

2014年8月、左派オランド政権でマクロン氏が経済相に指名されたとき、同氏と妻のブリジットさんは共に無名の存在だった。1年後、ブリジットさんは野心的な若き夫を支えるため教職を離れた。

次ページ公人としてのマクロン氏の不可欠な一部
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT