ユナイテッドCEO、「引きずり降ろし」を謝罪

下院委公聴会で乗客負傷問題について

 5月2日、米ユナイテッド航空のムニョス最高経営責任者(CEO、写真左)は、シカゴの空港で4月に乗客を引きずり降ろして負傷させた問題をめぐり、米下院運輸経済基盤委員会の公聴会で証言、謝罪の意を繰り返し表明した(2017年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 2日 ロイター] - 米ユナイテッド航空<UAL.N>のムニョス最高経営責任者(CEO)は2日、シカゴの空港で4月に乗客を引きずり降ろして負傷させた問題をめぐり、米下院運輸経済基盤委員会の公聴会で証言、謝罪の意を繰り返し表明した。

一方、出席した議員は顧客サービス改善を目的とした規制を導入する構えも示し、同CEOら米航空会社幹部の姿勢を追及した。

公聴会にはユナイテッド航空のカービー社長、アメリカン航空<AAL.O>、サウスウエスト航空<LUV.N>、アラスカ航空<ALK.N>の幹部も参加し、顧客サービスの不備に対応すると約束した。

マイケル・カプアノ議員(マサチューセッツ州選出、民主)は「誰もが(米国の旅客機利用が)ひどい経験であることが分かっている」と不満を表明。シュスター委員長は「航空業界がきちんと行動しなければ、われわれが行動を起こす。(規制は)すべてに当てはまる画一的な内容になるだろう。この機会を生かすべきだ。と言うのは、業界はわれわれの行動を望まないと見込まれるからだ」と述べた。

ただ、航空業界の監督を速やかに強化する計画が示されなかったため、4時間の公聴会は航空業界にとって一息つけるものとなった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT