上値重いドル/円、反転のカギは何か?

雇用統計発表後のドル/円を占う

日本要因に目を転じる市場関係者

三菱東京UFJ銀行の内田稔チーフアナリストは、米国要因ではドル/円の方向感は出にくいと指摘する。

量的緩和の縮小開始時期の後ずれ観測は米金利の重しとなるが、米株には追い風で、ドル高/円安になりやすい。他方、強い米経済指標で9月の縮小開始観測が高まれば日米金利差は拡大するが、新興国を中心に株安になりやすい。5月下旬のバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言以来、マーケットはこの構図から抜け出せていないとする。

内田氏は日本の要因、特にデフレ脱却期待が高まるかどうかがドル/円の方向感を決めるポイントになるとみている。

同行では、日米の実質金利差の算出にコアコアCPIを用いている。内閣府が公表した6月のコアコアCPI(総合から生鮮食品、石油製品およびその他特殊要因を除く)は、連鎖基準で前年比マイナス0.4%。5月のマイナス0.4%と下落幅は同じだった。内田氏は「水準はマイナスでも動きとして上がっていく方向になれば、円安方向に働きかけて行く(材料になる)」とする。

また、参院選の与党大勝で政権基盤を強化した安倍晋三政権が、企業側の希望が強い設備投資減税を成長戦略の一環として明確に打ち出せるかもポイントになるとみている。

(ロイターニュース 和田崇彦 編集:田巻 一彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT