加熱式たばこ「アイコス」、人気沸騰の舞台裏

全国で品薄、ネットでも限定カラーが暴騰中

現実にヤフーオークションなどでは、限定色の新品が実質2倍以上の1万5000~2万円くらいで、大量に売られている。もっとも最近では、アイコスのHPを通じたオンライン注文で、発注日から2週間程度での発送予定ということで、ようやく少し落ち着いてきているようだ。

またスティックについても、ネットオークションでは海外限定色のブルーリミテッドエディション、限定ボルドーレッド、限定ロゼピンク、さらに欧州で販売されているシルバーなど、平気で数万円の値段で売られているような状況である。

しかし、国内の正規品以外では保証が受けられないため、安全とは言い切れない。スティックの先のキャップ部分(全13色)は、アイコスオンラインショップで通常販売され、普通に購入できる。

JTやBATはどこまで追随できるか

IQOS原宿ストアビル。好立地に「IQOS」のブランドが光る(筆者撮影)

加熱式たばこは複数の種類があるものの、他社の加熱用スティックでは加熱できない。スマホと同様にリチウムイオン電池の定期交換も必要。最新式の充電可能回数は、スティックホルダーが約7300回、本体充電チャージャーが約365回、と説明されている。互換性のないこの商品は、消費者が使い慣れるほど、同じ製品を買い続け、ブランドスイッチがしにくくなる。

結局は電子機器であるから、リチウムイオン電池を交換する手間が生じる。ランニングコストがかかるうえ、バッテリーも弱くなって、充電時間が長くなる可能性も指摘されている。先行しているアイコスの優位は当分崩れないと思われるが、JTやBATの猛追、さらには喫煙者を加熱式たばこにどこまで取り込めるか、今後の各社の動向に注目したいところだ。

(注)本記事は、たばこやパイプたばこなどの推奨や宣伝の意図はまったくなく、商品分析のために書かれたものです。たばこは人体に有害とされているため、推奨されるものではありません。厚生労働省の方針も現時点でのものです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT