全国大手私鉄「朝ラッシュ」最速運転ベスト20

特別料金不要列車の優等列車はどこなのか

ともあれ、今回調査したのはあくまで朝の通勤時間帯に限ったランキングである。たとえば西鉄天神大牟田線(大牟田─西鉄福岡)の特急は、9時台から夕方(18時22分発)までの時間帯はほぼ61分で走る。表定速度にすると73.6キロだ。

また、つくばエクスプレス(つくば─秋葉原)に関していえば、今回の時間帯は通勤快速と区間快速のみだが、実はつくば駅9時23分発でこれらの列車より速い「快速」が現れる。所要時間45分、表定速度は77.7キロと、今回第1位だった名鉄名古屋本線・快速特急の表定速度75.6キロを上回る。

また西武池袋線のように、土・日・祝日のみに特別料金不要の上位優等列車である快速特急が走るというケースもある。こう考えていくと、全日・全時間帯で最も速い列車の走る私鉄(JR以外)はどこなのか、という調査も興味深いかもしれない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。