全国大手私鉄「朝ラッシュ」最速運転ベスト20

特別料金不要列車の優等列車はどこなのか

そしてここからは表定速度60キロ台に突入する。第13位は近鉄大阪線の快速急行。同線は100キロメートル超えの長い路線。そこを所要時間108分、表定速度60.5キロで走破する。第12位は阪急京都線(河原町─梅田・47.7キロメートル)の快速急行で、所要時間47分・表定速度60.8キロ。続いて第11位は近鉄名古屋線(伊勢中川─近鉄名古屋)の急行。これは伊勢湾沿いに四日市市を通って北上する78.8キロメートルの路線で、所要時間77分、表定速度は61.4キロだ。

TXがベスト10で初登場

さあ、いよいよベスト10の発表だ。第10位は阪急神戸線(神戸三宮─梅田・32.3キロメートル)の特急で、所要時間30分・表定速度64.6キロだ。そして第9位、ここで特別枠のつくばエクスプレスが登場。区間快速がつくば─秋葉原間58.3キロメートルを所要時間54分、表定速度64.8キロで走る。茨城県内から東京都心まで、朝の時間帯に50分強で着くというのは、あらためて圧倒的な利便性を感じる。

第8位は再び成田スカイアクセス線の「アクセス特急」がランクイン。かつては「世界一不便な空港」と呼ばれた成田への交通を改善するために作られた路線だが、印旛日本医大─押上間39.2キロメートルを、所要時間36分、表定速度65.3キロで結んでいる。そして実は、この成田スカイアクセス線アクセス特急が首都圏ランキングの第1位であった。つまり、ここより上位はすべて首都圏以外の地域からだ、はたしてどういう結果になるだろうか?

では第7位。ここで名鉄名古屋本線が初登場する。名鉄岐阜─名鉄名古屋間の31.8キロメートルを、快速急行が所要時間は29分、表定速度65.8キロで走る。第6位は阪急神戸線(神戸三宮─梅田・32.3キロメートル)の通勤特急。所要時間29分、表定速度66.8キロだ。

そして、実はこの列車が関西圏私鉄ランキングの第1位であった。つまり、ベスト5はすべて今回、新規でエントリーした路線の列車が入る結果となった。

次ページ5位以上は西鉄・TX・名鉄のトップ争いに
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。