全国大手私鉄「朝ラッシュ」最速運転ベスト20

特別料金不要列車の優等列車はどこなのか

まずは第20位、関東勢から京王電鉄京王線の特急、京王八王子─新宿間(37.9キロメートル)。所要時間は41分、表定速度55.5キロ。「特急」の名に恥じないスピードだといえよう。第18位は関西からで、河内長野─難波間(27.3キロメートル)を所要時間29分・表定速度56.5キロで結ぶ南海電鉄高野線の急行。第18位は関東の相模鉄道本線(海老名─横浜・24.6キロメートル)の特急で、所要時間26分・表定速度56.8キロだ。

そして第17位は東武スカイツリーライン(東武動物公園─浅草・41キロメートル)の区間快速で、所要時間41分、表定速度は57.2キロ。これは始発の東武動物公園を出ると途中、春日部、北千住、とうきょうスカイツリーの3駅しか停まらないこともありさすがに速かった……のだが、惜しくも4月21日に行われたダイヤ改正で消滅してしまった。

このため、東武スカイツリーラインの区間快速を除外すると、20~18位までの3路線がそれぞれ1位ずつ繰り上がり、新たに20位にランクインするのは南海本線(泉佐野―難波・34キロメートル)の区間急行。同区間を37分・表定速度55.1キロで結ぶ列車だ。

首都圏2位でも全国では…?

第16位は京成電鉄の成田スカイアクセス線(北総線)・押上線系統(印旛日本医大─押上・39.2キロメートル)の特急。所要時間41分・表定速度57.3キロで駆け抜ける。実はこの列車、以前公開した首都圏大手私鉄のランキングでは2位に入っているが、今回は16位。全国の壁は厚いのだ。

15位には九州地区より西日本鉄道の天神大牟田線がランクインした。大牟田─西鉄福岡(天神)間の74.8キロメートルを所要時間78分、表定速度57.5キロで走る急行だ。第14位は南海本線の急行。泉佐野─難波間の34キロメートルを所要時間35分、表定速度58.3キロで結ぶ。この線ではおしゃれな空港特急「ラピート」が有名だが、対象時間帯の列車は最速で所要時間33分なので、料金不要の急行でも2分しか差がないのだ。

次ページ13位からは表定速度60キロ台
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。