カリスマ投資家が持つ「含み益4000万円」銘柄 内田衛の日々是投資

✎ 1〜 ✎ 116 ✎ 117 ✎ 118 ✎ 最新
印刷
A
A

【4月19日(水)】午前5時半、日経225先物は、130円安の1万8300円、NYダウは、113ドル安の2万0523ドル。ビックカメラ(3048)は、6月に秋葉原で初めての店舗を設けると発表。ソフマップ秋葉原本館をビックカメラに転換するそうだが、これは以前から株主総会で株主が提案していたし、私もその方がいいと思っていた。

秋葉原には数店舗ソフマップがあり、看板にはビックカメラグループと書かれてはいるが、ソフマップ秋葉原本館は好立地なのにいつもガラガラでもったいないと感じていた。ビックカメラへの転換で、集客力アップで売上アップ、業績アップを期待したい。ビックカメラの株価は、48円高の1051円。日経平均は、13円高の1万8432円と小幅ではあるが、3日続伸で下げ止まってきた感じだ。

リソー教育の含み益は4000万円超に。内田氏にとっても感慨深いものに(筆者提供)

【4月20日(木)】午前5時半、日経225先物は、30円安の1万8380円、NYダウは、118ドル安の2万0404ドル。2016年度の貿易収支は、6年ぶり黒字と東日本大震災後初。日経平均は、1円安の1万8430円。

【4月21日(金)】午前5時半、日経225先物は、120円高の1万8590円。NYダウは、174ドル高の2万578ドル。政策期待再燃で。リソー教育は、13円高の782円と7日続伸。平均買値379円の2倍超達成&保有株10万株の含み益が4030万円になった。

2015年9月16日には161円の安値を付けた時には、泣きながらナンピン買いをして保有株が26万株に膨らみ、含み損5100万円にもなったが、ここまで復活してくれるとは、期待以上で「天国と地獄」を味わった忘れられない銘柄となった。日経平均は、190円高の1万8620円と久々の大幅高。

日本郵政の株主総会は荒れそうだ

【4月22日(土)】午前5時半、日経225先物は、30円安の1万8620円。NYダウは、30ドル安の2万0547ドル。1ドルは、109.10円、1ユーロ117.00円。

今日の日経新聞朝刊1面の記事では、日本郵政(6178)が2015年におよそ6200億円で買収したオーストラリアの物流子会社の業績が悪化していることから、最大で4000億円規模の減損をするとの報道があった。また日本郵便は、6月1日から郵便はがきの料金を52円から62円へ値上げを予定している(なぜか年賀はがきは52円のまま据え置きのようだが)。

こんな経営をしていて値上げだなんて、消費者はたまったものではない。さらに今年1月16日に政府は、東日本大震災の復興財源を調達するために、日本郵政株式の追加売却することを明らかにしている。時期や規模の詳細は決まっていないが、2017年度予算案では1.4兆円となりそうだが、こんな状況で売り出しを発表されたら、既存株主にとっては厳しい仕打ちだな。6月の株主総会は荒れそうだ。昨日の日本郵政は、22円高の1335円と反発しているが、下げトレンドだ。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT