「電撃更迭」でも安倍政権への影響は甚大だ

ボディブローのように効いてくる可能性

高い支持率を誇る安倍政権で「事件」が相次いでいる。写真は首相官邸(写真:Garnett / PIXTA)

おそらくは本人がいちばん、何が起きたのかが理解できなかったに違いない。事実上の更迭といえる今村雅弘復興担当相の辞任劇は、そのくらい電撃的だった。

「これはまだ東北で、あっちの方だから良かった」

4月25日に都内のホテルで開かれた志帥会(二階派)のパーティー。これはその第1部として行われた講演会で、今村氏の口から出た失言だ。

「汚名返上のチャンス」のはずだった

今村氏の舌禍問題はこれに限らない。今年4月4日の大臣会見で、原発事故の自主避難者の住宅の無償提供が打ち切られた件について「自己責任」と述べ、これを批判した記者と口論の末、激怒して会見場を後にした。

この講演会では今村氏とともに、鶴保庸介沖縄及び北方対策担当相も話をしている。鶴保氏も昨年8月の大臣就任早々、家庭問題が週刊誌で暴かれたほか、普天間基地の辺野古移設が遅れた場合は「予算額を減らすのは当然」などと発言したことが問題視された。よって今回の講演は二階派のこの2人の大臣にとって、「汚名返上のチャンス」でもあったのだ。

それゆえだろうか、壇上にあって復興を語る今村氏は始終にこやかで、間もなく自身にふりかかる人生最大の危機を知る由もなかった。

メディアの動きは素早かった。

次ページ懇親会の会場で今村氏を包囲
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT