理性の限界 不可能性・不確定性・不完全性 高橋昌一郎 著

理性の限界 不可能性・不確定性・不完全性 高橋昌一郎 著

理性には永遠に超えられない限界があるか。気鋭の論理・哲学者が、社会科学、自然科学、認知科学をめぐる議論を、多彩な例を交えたシンポジウム仕立てで、難解な用語を使いつつも平易に解説。

3章立ての第1章では合理的選択の限界を探る。選挙結果は投票方式に左右され、完全に民主的方法は存在しないという不可能性定理を取り上げ、囚人のジレンマ、ゲーム理論から洗い直す。第2章では、ミクロな物理現象は確率的にしか表現できないという不確定性原理と粒子の実在から迫る。最後に、抜き打ちテストのパラドックスを例に、すべての自然数命題を証明できるシステムは存在しないとした不完全性定理による論理的思考の限界を検討する。

講談社現代新書 777円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。