30代人口急増!流山市、"異端"の街づくり

マーケティングがあれば、地方都市は蘇る!

流山市は「さくらんぼクラブ」や「子育てサロンコンサート」など、子供向けや子供教育向けなどのイベントも多数用意しています。「最近流山のイベントが多くて、それを楽しんでいると、東京に遊びに行く暇がない」という住民の声があるほどです。

都心の地下鉄の駅などに市のPRのポスターを張るという、地方都市にしては思い切ったPR戦略が功を奏している

――街のPRにも積極的ですが、これは市長がかつて民間企業に勤務していたことが影響しているのでしょうか。

PRするにはおカネもかかりますが、マーケティングにはPRが必須。ブランド化の一環として、PR活動は不可欠です。

私はかつて、アメリカに12年間住み、都市計画コンサルティング会社に従事していました。人口数10万人以上の都市では、自治体マーケティングが一般的で、それぞれがPR組織を持っていました。

その後、日本に移り、民間シンクタンクで都市政策やマーケティングにかかわりました。ただ、日本では自治体がPR組織を持つことは皆無でした。PRしたとしても、観光か事業誘致に関することぐらい。自治体がPR活動をしないことを、むしろ奇異に感じました。

――マーケティング戦略が浸透し、流山市は人口が順調に増えていますが、戦略の行方を決定づけた決定的な出来事、というものはありますか。

流山市にあるつくばエクスプレスの3つの駅のうち、2つは開通前、「流山中央」「流山運動公園」という駅名になる予定でした。開通の5カ月前まで、そう決まっていました。ただ、運営会社から、「本当にこれでよいのか」との確認があったこともあり、「流山おおたかの森」「流山セントラルパーク」という現在の駅名に変更したのです。

これは重要なポイントでした。流山市のブランディング戦略の「出発点」だったと思います。この駅名がついたことで、街に比較的高級なイメージが涌くため、マーケティング戦略を進めることができたのです。住環境の整備を担うマンション開発会社も、こちらの条件提示に耳を傾けるようになるなど、関係者が街のブランド化に本気で取り組んでくれるようになりました。

――今後の展開も気になります。どのような施策を考えておられますか。

今年6月に設置した「子ども・子育て会議」で、国に追随するのではなくて、地方自治体のモデルになるように効果的な施策や方針を提示していきたいです。

高齢者の住み替え促進策も考えています。戸建て住宅の管理・利用ができなくなりつつある高齢者に、市内の集合住宅や高齢者住宅などに住み替えていただき、今まで住んでいた住宅をリフォームして若い子育て世帯に賃貸・分譲する仕組みを構築したいと考えています。自治体としては初めての試みですが、ぜひ取り組んでいきたい。

流山市はようやく、マーケティングやブランド戦略の成果が出始めたところ。これからが真価を問われるときだと思っています。

 (撮影:梅谷秀司)

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。