右傾化進んでも世界経済が割と好調な理由

ただしフランスとイタリアの選挙次第

欧州ではオーストリア、オランダ、ドイツと極右政党が選挙に敗れ、反グローバリズムの動きは弱まったかに見える。だが、今後フランスとイタリアで行われる選挙のどちらかでポピュリズム政党が勝てば欧州連合(EU)は崩壊しかねず、世界中が巻き添えを食う可能性がある。

フランス大統領選の有力候補マリーヌ・ルペン氏はEU打倒を掲げる。世論調査によれば、親EU派のエマニュエル・マクロン前経済相が5月7日の決選投票でルペン氏を破る見通しだが、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がルペン氏を支援しており、予断を許さない。

ユーロ離脱望むイタリア国民

さらに心配なのがイタリアだ。ポピュリズム政党を率いるベッペ・グリッロ氏は世論調査でリード、3割超の得票が予想される。ルペン氏同様、グリッロ氏が掲げるのは欧州通貨ユーロからの離脱。通貨統合後、同国の1人当たり所得は下落し、経済見通しは暗い。大多数の専門家が自殺行為と考える中、一日も早いユーロ離脱を望む国民が増えている。

世界経済は好転しており、賢明な政策運営を行えば、今後数年は相当の改善が見込める。だが、ポピュリズムは依然として脅威であり、経済成長が十分に速いペースで軌道に乗らないかぎり、その脅威を押しとどめておくことはできないだろう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。