米軍、アフガン東部に最強の非核爆弾を投下

対IS作戦で実戦に初投入

 4月13日、米軍は、アフガニスタン東部で過激派組織「イスラム国」が潜伏するトンネル施設を標的に「大規模爆風爆弾(MOAB)」を投下した。写真はMOAB。米フロリダ州にあるエグリン空軍基地提供(2017年 ロイター)

[ワシントン 13日 ロイター] - 米軍は13日、アフガニスタン東部で過激派組織「イスラム国(IS)」が潜伏するトンネル施設を標的に「大規模爆風爆弾(MOAB)」を投下した。

MOABは「全ての爆弾の母」と呼ばれ、非核爆弾の中では最強の破壊力を持つとされる。米軍が実戦で使用するのは初めて。

国防総省の報道官によると、爆弾はパキスタンとの国境に近いナンガルハル州アチン地区に投下された。

今回の爆弾攻撃が与えたダメージの程度は現時点で不明。

トランプ大統領は、今回の爆弾投下について「大きな成功を収めた」と発言。

「過去8週間に起きたことと、過去8年間に起きたことを比べれば、非常に大きな違いがあることがわかるはずだ」と述べた。

同大統領はこれまでのところ、アフガニスタンの戦略の全容を明らかにしていない。

ホワイトハウスのスパイサー報道官は「ISの戦闘員が移動に使っていたトンネルや洞窟を狙った」とコメント。「大型かつ強力で正確に投下できる爆弾」であり、民間人の犠牲を防ぐため「あらゆる予防的措置をとった」としている。爆弾を投下したのは現地時間午後7時前後。

外交政策の専門家は、米軍がMOABを利用したことについて、米国の軍事力を誇示する狙いよりも、トンネルという攻撃目標を考慮した面が強かったのではないかと指摘している。

戦略国際問題研究所のシニアアドバイザー、マーク・カンシアン氏は「非常に特殊な武器で、あまり数多く保有していない。非常に限られた状況でしか利用できない」と指摘。シリアや北朝鮮に警告を発する意味合いもあったのかもしれないが、それがMOABを利用した最大の理由ではないだろうとの見方を示した。

MOABは重さ2万1600ポンド(9797キログラム)。衛星利用測位システム(GPS)で攻撃目標に誘導する。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT