米海軍攻撃部隊が朝鮮半島へ移動する見通し

シンガポールから朝鮮半島へ

 4月8日、米海軍の攻撃部隊である空母打撃群がシンガポールから朝鮮半島に向かう見通しだと、米当局者が明らかにした。写真は空母「カール・ビンソン」。提供写真(2017年 ロイター/U.S. Navy Photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Tom Tonthat/Handout via Reuters)

[ワシントン 8日 ロイター] - 米海軍の攻撃部隊である空母打撃群がシンガポールから朝鮮半島に向かう見通しだと、米当局者が8日、ロイターに明らかにした。

北朝鮮は今月、日本海に向けて弾道ミサイルを発射し、同国の武器開発を巡る懸念が一段と強まっている。

米当局者によると、空母打撃群の移動は北朝鮮への威嚇が狙いという。

この空母打撃群は空母「カール・ビンソン」からなる攻撃部隊。

米海軍第3艦隊は8日遅く、この空母打撃群に北上を指示したと発表したが、具体的な行き先は明らかにしなかった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT