スウェーデン当局、ウズベク出身の男を拘束

トラック突入実行犯との見方

現場で花を手向ける人々。提供写真(2017年 ロイター/TT News Agency/Jonas Ekstromer via REUTERS)

[ストックホルム 8日 ロイター] - スウェーデンの首都ストックホルム中心部で7日、トラックが人混みに突っ込み4人が死亡、15人が負傷した事件で、現地の警察は8日、身柄を拘束したウズベキスタン出身の男がトラックを運転していた実行犯の可能性が高いとの見方を示した。

当局は7日夜にテロ容疑で男を拘束。警察トップのダン・エリアッソン氏は8日の記者会見で「捜査を進めるにつれ、実行犯である疑いが強まった」と述べた。また、単独犯のようだとしながら、「ほかに関わった人物がいる可能性はまだ排除できない」」と述べた。

スウェーデン通信などによると、警察はストックホルムの複数の場所で8日に家宅捜査を行ったが、警察はロイターに対し、事件に関し新たな逮捕者は出ていないと明らかにした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT