スウェーデン当局、ウズベク出身の男を拘束

トラック突入実行犯との見方

現場で花を手向ける人々。提供写真(2017年 ロイター/TT News Agency/Jonas Ekstromer via REUTERS)

[ストックホルム 8日 ロイター] - スウェーデンの首都ストックホルム中心部で7日、トラックが人混みに突っ込み4人が死亡、15人が負傷した事件で、現地の警察は8日、身柄を拘束したウズベキスタン出身の男がトラックを運転していた実行犯の可能性が高いとの見方を示した。

当局は7日夜にテロ容疑で男を拘束。警察トップのダン・エリアッソン氏は8日の記者会見で「捜査を進めるにつれ、実行犯である疑いが強まった」と述べた。また、単独犯のようだとしながら、「ほかに関わった人物がいる可能性はまだ排除できない」」と述べた。

スウェーデン通信などによると、警察はストックホルムの複数の場所で8日に家宅捜査を行ったが、警察はロイターに対し、事件に関し新たな逮捕者は出ていないと明らかにした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。