バノン氏がNSCメンバーから除外された理由

マクマスター氏との主導権争いに敗退か

4月5日、トランプ米大統領は米国家安全保障会議(NSC)を刷新し、側近のスティーブ・バノン首席戦略官・上級顧問をメンバーから外した。写真は3月15日、米ミシガン州でタウンホール会合に出席するバノン氏(2017年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 5日 ロイター] - トランプ米大統領は5日、米国家安全保障会議(NSC)を刷新し、側近のスティーブ・バノン首席戦略官・上級顧問をメンバーから外した。

マクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題)が今後、NSCを取りまとめることになる。マクマスター氏とバノン氏らとの間では主導権争いが強まっていたと言われており、今回の人事でマクマスター氏の影響力が高まる可能性がある。

また、ダンフォード統合参謀本部議長とコーツ国家情報長官をNSC(訂正)のメンバーに昇格させた。

バノン氏をめぐっては、右派ニュースサイトを立ち上げるなどの経歴を持つことから、政権入りを非難する声があがっていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 若者のための経済学
  • 就職四季報プラスワン
  • シリコンバレー起業日記
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
DMMの変身<br>異色IT企業を大解剖

アダルトビデオで出発し、雑多な事業への参入で膨張してきたDMM.comグループ。事業領域はネット系を飛び出し、約40に広がる。脱アダルトを進め組織体制も変革。それでも「上場は考えない」(亀山会長)。謎多き会社の実態に迫った。