住んで損する街、得する街

212自治体、行政サービスを徹底比較

首都圏の1位は東京都武蔵村山市となった。認可保育所定員数や都市公園面積などが評価された。トップ10には、5位の千葉県富津市を除き、東京都府中市(2位)、東京都青梅市(3位)など東京西部の市が独占した。

一方、関西圏では、和歌山県有田市と同県橋本市が1、2位を占めた。有田市は保育所定員数と月額保育料で1位となっている。

都市部で住み替えを考える場合、どの鉄道沿線に住むかがひとつの判断基準になるだろうが、駅によっては北側と南側で行政区分が異なる場合もある。また、ブランド力のある街でも、通りを挟んで別の市区になることも珍しくない。住宅購入を検討しているなら、自分たちが住むことになる市区が、どのような行政サービスを提供しているのかも、しっかりチェックしておきたい。

『週刊東洋経済』8月3日号の巻頭特集では、首都圏、関西圏に位置する市区の行政サービスの違いに注目した。特色ある取り組みを実施している市区についてリポートしているほか、首都圏、関西圏の通勤エリア212市区の行政サービスを徹底比較。ランキングも「出産・子育てしやすい街」のほか、「高齢者が住みよい街」「安心・安全な街」「裕福な街」の4つのテーマを設定。それぞれ首都圏30位、関西圏20位までに市区を掲載している。

(週刊東洋経済2013年8月3日)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。