住んで損する街、得する街

212自治体、行政サービスを徹底比較

首都圏の1位は東京都武蔵村山市となった。認可保育所定員数や都市公園面積などが評価された。トップ10には、5位の千葉県富津市を除き、東京都府中市(2位)、東京都青梅市(3位)など東京西部の市が独占した。

一方、関西圏では、和歌山県有田市と同県橋本市が1、2位を占めた。有田市は保育所定員数と月額保育料で1位となっている。

都市部で住み替えを考える場合、どの鉄道沿線に住むかがひとつの判断基準になるだろうが、駅によっては北側と南側で行政区分が異なる場合もある。また、ブランド力のある街でも、通りを挟んで別の市区になることも珍しくない。住宅購入を検討しているなら、自分たちが住むことになる市区が、どのような行政サービスを提供しているのかも、しっかりチェックしておきたい。

『週刊東洋経済』8月3日号の巻頭特集では、首都圏、関西圏に位置する市区の行政サービスの違いに注目した。特色ある取り組みを実施している市区についてリポートしているほか、首都圏、関西圏の通勤エリア212市区の行政サービスを徹底比較。ランキングも「出産・子育てしやすい街」のほか、「高齢者が住みよい街」「安心・安全な街」「裕福な街」の4つのテーマを設定。それぞれ首都圏30位、関西圏20位までに市区を掲載している。

(週刊東洋経済2013年8月3日)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT