伊豆急「1両だけで走る旧型電車」復活の狙い

観光客の人気呼ぶ開業時からの「クモハ103」

当初はなかなか集客に結びつかなかったというこのツアー企画だが、認知度が高まってからは、毎回ほぼ満席の状況だという。

「このツアーの今年4月以降の計画は今のところ未定なのですが、追って社内で検討されることになります。この列車の運転に際しては、地元のハーブガーデンの生産者さんに列車に乗って頂いて、車内でお話を頂くなどの趣向を凝らしています」

今後のクモハ103の運転について、比企さんは「これからも可能な限り続ける予定でおります。ただし、それをどのような企画で運転するのかについては、先ほどのツアーとしての運転と同じように、これから社内で打ち合わせを行って詳細を詰めてゆくことになります」という。

地域活性化・集客環境づくりの中心に

では、1両のみという輸送力の限られた電車での企画を続ける鍵とは、どこにあるのだろうか。比企さんはいう。

「私どもがクモハ103を復活させたのは、まず集客力を見込んだということ。それから、この電車が、走行関連機器、電気品などに今日のものとしては古いシステムを採用しており、これを保守、管理することが、現場スタッフの技術を高め、次世代への技術の伝承を可能にすると考えられたからでした」

さらに比企さんは、クモハ103復活運転がもたらす地域への効果についてこう語る。

伊豆半島の自然の中を1両で駆け抜けるクモハ103(写真提供:伊豆急行)

「クモハ103を主役に据えてのイベントを開催するにあたって私たちが心していることは、単に電車1両を動かして集客すればよいというのではなく、運転を通じて、地元の人たちが自らの手で地域活性化の方策を見出し、積極的に行動するようになれば良いということです。クモハ103の運転は、あくまでもそのための一助であるという考え方です。いちばん大切なことは、地元の方が能動的に行動するようになること。私たち鉄道会社は、そのための環境づくりをすることが仕事であり、その中心に位置しているのが、クモハ103であるということです」

クモハ103が復活を果たしたとき、いちばん喜んだのは、昔を知るオールドファンではなく、100系が健在だった時代を本でしか知らなかった若い層であったという。鉄道車両には時代、世代を超えて、多くの人に鉄道の魅力とは何かということを語りかける、強い力が宿っている。クモハ103の活躍は、これからも続くことだろう。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT