「自分へのご褒美」は「究極のNGワード」だ

おカネが貯まらない「悪魔の言葉」を使うな

ところが何も理由がないのに、あるいは何も因果関係がないにもかかわらずそういう行動(衝動買いや衝動食い)をしてしまうと後ろめたい気持ちになってしまいます。そこで「これは頑張った自分へのご褒美」という理由づけを行うのです。これも心理学では「認知的不協和の解消」といって、「楽しんだ自分」と「自制心のないダメな自分」との調和を保つことができないため、その状態を解消しようとして理由づけを行ってしまうのです。

行動経済学では「確証バイアス」という現象があります。これは自分の意見や考えに合うものだけを受け入れたがるという心理で、自分の考えや行動に自信がない場合、それを補強してくれる考えや意見を探しがちになるということを表しています。

人は確証バイアスにとらわれてしまうと、なかなか冷静に正しい判断ができなくなるという傾向があるために、注意することが必要です。ところが「自分へのご褒美」は確証バイアスよりももっとタチが悪いと言えます。なぜなら他人の意見による補強ではなく、自分自身による「行動の自己正当化」「因果関係の捏造」だからです。

「自分へのご褒美」が際限のない無駄遣いを生む

欲しいものがあれば買えばいいし、食べたいものがあれば食べればいいのです。別にその行為に理由づけをしたり、正当化したりする必要は何もありません。

ところが、「本当にこんな高いものを買ってしまってよかったんだろうか」とか、「あー、せっかくダイエットしていたのについ誘惑に負けて食べちゃった」という後ろめたい気持ちがあるから「自分へのご褒美」という言葉でごまかしてしまうことになってしまうのです。でもこれは非常に危険です。なぜなら「自分へのご褒美」ということにして、正当化してしまうと、ただ自分の心を納得させただけで、そこに反省も対策も出てこないからです。

言わば「自分へのご褒美」というのはオールマイティのカードなので、これを切り続けると、際限なく無駄遣いが続くことになってしまいます。普通に衝動買いや衝動食いをしてしまったときは、「あ、やっちゃった、まあいいか」というおおらかな気持ちでいればいいのです。そしてきちんと反省し、次にそういう行動をとらないようにするにはどうすればいいかを考えるべきです。

「自分へのご褒美」はそういったことをすべてごまかし、あいまいにしてしまうからいけないのです。いつまでたっても無駄なおカネを使ってしまう、これを防ぐにはこの究極のNGワードを封印してしまうことでしょう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT