日本の”頭がいい人”に、一番足りないもの

テラモーターズ徳重社長、イノベーションを語る(上)

若いときに失敗すれば、失敗は怖くなくなる

ところがここで挫折があって、僕はスタンフォードかUCバークレーに通るだろうと思っていたのに落ちてしまった。留学先の学校も決まってないのに「シリコンバレーで勝負するんだ」と、たんかを切って会社を辞めて、6カ月ぐらい勉強したのに。だから本当に格好悪かった。

徳重徹(とくしげ・とおる)
テラモーターズ社長
1970年生まれ山口県出身、九州大学工学部卒。 住友海上火災保険株式会社(当時)にて商品企画・経営企画に従事。 退社後、米サンダーバード経営大学院にてMBAを取得し、シリコンバレーにてコア技術ベンチャーの投資・ハンズオン支援を行う。2010年4月に電動バイクのベンチャー企業、テラモーターズを設立。設立2年で国内シェアNO.1を獲得し、ベトナムとフィリピンに現地法人を設立。世界市場で勝てる、日本発のメガベンチャーの創出を志す。著書に『世界へ挑め!』などがある

「ターミネーター2」という映画を見たことがある人はわかるでしょうけど、ターミネーターは液体樹脂を流して固めた人造人間で、銃で撃たれたらバラバラになるんですよ。そのときの僕もそんな感じでした。

それでせっかく辞めたのに、今さらアリコジャパンとか、外資系の生保に行くのも格好つかない。しょうがないからアメリカに行くしかない。そこでアリゾナにあるサンダーバード大学というMBAがとれる大学へ行った。

でも後から思えば、それがすごくよかった。インテリジェントで頭のいい方にいちばん足りないのはエネルギーなんですね。昔の起業家はだいたい学歴がないか、貧乏か、女の子にもてないかのどれかで、でもそれがエネルギーになる。何かを突破するときには、これが大事なんですよ。そのためにも、失敗するというのは重要です。

ちょっと話が飛びますが、僕が日本でいちばん問題だと思うのは、チャレンジができないことです。イノベーションはチャレンジしないと起こりえるわけがない。チャレンジするということは難しいことをやるわけですが、それは当然、成功するパターンもあれば、失敗するパターンもある。

でも大きな失敗がすごくプラスになって、「それがあったおかげで今がある」みたいなケースばかりなんですよ。若いときから失敗を経験しておけば、失敗することは全然怖くないのです。立ち直れないような失敗はいけませんけど、小さい失敗とか、立ち直れる失敗っていうのはいくらでもしていい。それは軌道修正だと思えばいいのです。

海外と日本では反応がまったく違う

経歴に話を戻すと、その後、僕はシリコンバレーに行き、技術系のベンチャーの立ち上げ支援を5年半ぐらいやりました。

それから帰ってきて、EV(電気自動車)の中でも、電気スクーターや電気3輪の会社を3年半前に立ち上げて、今に至ります。

僕たちの会社の価値が100だったとします。でも残念ながら日本にいると30にしか見てもらえない。ベンチャー企業だし、ホンダとかヤマハとかと比べると、「お前ら、アホじゃない?」みたいに思われる。

だけどこれが台湾やベトナム、インドに行ったりすると、僕たちの価値は300とか400に跳ね上がる。それはお客さんと話をしていると反応が圧倒的に違うので、その肌感覚なんですけど。

次ページ日本企業への圧倒的な信頼感
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。