新世代バイクは3輪!ヤマハ発の新戦略

超小型4輪車も投入へ

2輪大手のヤマハ発動機は、前2輪の3輪バイク(トライク)や超小型4輪など、新ジャンルの乗り物を強化していくと発表した。

開発映像を公開したトライク(=タイトル下写真=)は、前輪を2輪として安定性を持たせつつ、2輪車のような機動性・軽快な走りも実現するという。2輪が苦手とする悪路や段差、水濡れ路面でも安定した走行が可能とのこと。前2輪のトライクは、イタリアの大手2輪メーカー、ピアジオが発売する「MP3」(http://www.it.piaggio.com/it_IT/prodotti/mp3_yourban/default.aspx)などがあるが、国内メーカーとしては初めての投入となる。

「2輪の不安定が苦手」な層に訴求

ヤマハ発動機は、2輪車の走行性に関心はあるものの、不安定さを苦手と感じている層に訴求することを狙う。もともと安定性を重視した乗り物として開発に着手したが、よりスポーティな方向性に振って開発を進めているという。

超小型4輪は、デザインのシルエットのみ公開したが、電気自動車などでよくある超小型4輪のような外観だ。ヤマハ発動機によれば、2輪と4輪の中間的な性格の乗り物になるとのこと。超小型4輪については、国土交通省が今年1月に新たな認定制度を導入、補助金制度も設けて普及を促そうとしているところだ。

トライクと超小型4輪は、秋に開催される東京モーターショーなどで詳細を公表、2014年から世界で販売をしていく予定だ。

次ページ新ジャンルの乗り物に注力する理由は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。