新世代バイクは3輪!ヤマハ発の新戦略

超小型4輪車も投入へ

2輪大手のヤマハ発動機は、前2輪の3輪バイク(トライク)や超小型4輪など、新ジャンルの乗り物を強化していくと発表した。

開発映像を公開したトライク(=タイトル下写真=)は、前輪を2輪として安定性を持たせつつ、2輪車のような機動性・軽快な走りも実現するという。2輪が苦手とする悪路や段差、水濡れ路面でも安定した走行が可能とのこと。前2輪のトライクは、イタリアの大手2輪メーカー、ピアジオが発売する「MP3」(http://www.it.piaggio.com/it_IT/prodotti/mp3_yourban/default.aspx)などがあるが、国内メーカーとしては初めての投入となる。

「2輪の不安定が苦手」な層に訴求

ヤマハ発動機は、2輪車の走行性に関心はあるものの、不安定さを苦手と感じている層に訴求することを狙う。もともと安定性を重視した乗り物として開発に着手したが、よりスポーティな方向性に振って開発を進めているという。

超小型4輪は、デザインのシルエットのみ公開したが、電気自動車などでよくある超小型4輪のような外観だ。ヤマハ発動機によれば、2輪と4輪の中間的な性格の乗り物になるとのこと。超小型4輪については、国土交通省が今年1月に新たな認定制度を導入、補助金制度も設けて普及を促そうとしているところだ。

トライクと超小型4輪は、秋に開催される東京モーターショーなどで詳細を公表、2014年から世界で販売をしていく予定だ。

次ページ新ジャンルの乗り物に注力する理由は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT