新世代バイクは3輪!ヤマハ発の新戦略

超小型4輪車も投入へ

ヤマハ発動機が新分野の乗り物開拓に力を入れる背景には、主力の2輪事業が、先進国で市場が停滞、圧倒的なボリューム市場である新興国でも競争が激化していることがある。2輪事業の利益は、リーマンショック以降は円高もあって黒字と赤字を繰り返してきた。足もとは円安に加え、新機種の投入で盛り返しつつあるものの、今後もホンダのみならず新興国勢とも激しい競争が予想される。

単純な電動バイクは新興国メーカーに太刀打ちできない

また、やや長期的にみれば、新興国市場でも2輪から4輪への需要シフト、環境対策によるエンジン車から電動バイクへのシフトも予想される。電動化についてはすでに中国で進んでいるが、構造が単純な電動バイクは、コスト高な先進国大手メーカーでは現地の中小メーカーに太刀打ちができない。

長期的な構造変化を考えると、非2輪ジャンルの強化は欠かせないというわけだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。