米FRB議長後任人事、サマーズ氏へ強い逆風

バーナンキ議長の後任指名は、今秋決定?

7月25日、オバマ米大統領は、バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の後任を数カ月以内に指名する見通しだが、ここへきて有力候補と取り沙汰されるローレンス・サマーズ元財務長官(写真)への風当たりが強まっている。1月撮影(2013年 ロイター/Bobby Yip)

[ワシントン 25日 ロイター] - オバマ米大統領は、バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の後任を数カ月以内に指名する見通しだが、ここへきて有力候補と取り沙汰されるローレンス・サマーズ元財務長官への風当たりが強まっている。

反発の声は共和党ではなく、民主党左派から上がっている。サマーズ氏は、オバマ政権で国家経済会議(NEC)委員長、クリントン政権で財務長官を務めたほか、ハーバード大学学長、世界銀行チーフエコノミストも歴任。クリントン政権下ではアジア金融危機に対処した。

しかし、リベラル派は同氏について、金融規制撤廃を先頭に立って進め、金融危機に至る手助けをしたと批判。ヘッジファンドのD.E.ショウに在籍していたことを挙げ、ウォール街と政府の間を行き来する典型的な人物と指摘している。

サマーズ氏はロイター向けにコラムを執筆している。

同氏の代理人はこの記事に関するコメントを拒否した。

ホワイトハウスとFRBもコメントを拒否した。

FRB、もしくはホワイトハウスに近い複数の関係筋によると、シティグループ経営幹部も務めたロバート・ルービン元財務長官ら複数の有力民主党員が水面下でサマーズ氏を支援しているという。

サマーズ氏は、もう1人の有力候補、ジャネット・イエレンFRB副議長とともに、議長に就任してもバーナンキ氏の路線を大枠で引き継ぐとみられている。

サマーズ氏の支援者らは、同氏には金融危機に対処した強みがあると主張している。

クリントン政権下の財務省でサマーズ氏と働いた経験があるカリフォルニア大学バークレー校のブラッド・デロング教授は「コンセンサスがある時は誰がFRB議長になってもほとんど問題はない。問題がある時には既成概念にとらわれずに考えなくてはならず、その際に彼(サマーズ氏)の強みが生きる」と語る。

関係筋によると、サマーズ氏に反発する民主党上院議員らは、オバマ大統領にイエレン氏を指名するよう書簡をしたためた。イエレン氏が議長に就任すれば初の女性FRB議長となる。

民主党のシャーロッド・ブラウン上院議員(オハイオ州選出)は書簡に携わったとされる。何人の上院議員が署名したかは不明だが、トム・ハーキン上院議員(アイオワ州選出)ら複数の民主党議員は、サマーズ氏ではなく、イエレン氏が議長に好ましいと公言している。

ブラウン上院議員の広報担当者に電子メールでコメントを求めたが、回答はなかった。

イエレン氏の広報担当者もコメントを拒否した。

次ページサマーズ氏への拒否反応は、依然強い
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT