2017年度も好業績が衰えない会社の共通点

内需、海外、課題解決がそのカギを握る

経常増益率を業種別に見ると、製造業では、鉄鋼(70.3%増)、電気機器(43.7%増)、鉱業(28.9%増)、非鉄金属(26,8%増)などの増益率が大きい。非製造業でも、証券(14.6%増)、空運業(11.1%増)などとなっている。

好調企業の業績はさらに勢いを増している(イラスト:Frog / PIXTA)

売上高経常利益率は、製造業では0.7ポイント改善し7.3%に、非製造業では0.3ポイント改善し6.8%になる見込みだ。

製造業では輸出採算の好転のほか製品の高付加価値化や合理化が寄与する。非製造業でも特色あるサービスや販売手法を持った企業の売り上げが増加すると予想される。

2017年度に純利益が最高となるのは約1000社。2016年度に続いて連続して過去最高となるのは約800社の見通しだ。その中でも特にきらりと光る企業を探すと、独自の経営戦略や製品・サービスを持っている会社が多い。

他社とは違う位置取りをした成長企業とは?

『週刊東洋経済』の会員制サービス「週刊東洋経済プラス」。「東洋経済ID」でログインすると最新号の一部記事を無料で読めます。さらにプラス会員(有料)にご登録いただくと、すべての記事をPC・スマホ・タブレット(Web)で閲覧でき、『週刊東洋経済』が毎号お手元に届きます

週刊東洋経済編集部は、そうした企業の成長ストーリーを、(1)内需の深掘り、(2)海外事業での成長、(3)社会ニーズに応え課題解決に役立つ、という3つの要素(キーワード)に分けて着目している。

「消費の深掘り」では、九州で圧倒的に強く、現在は西日本でも出店に力を入れるコスモス薬品、アパレル通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイ、ランチパックや菓子パンが売れている山崎製パンなどを取り上げている。

「海外事業の成長」では、生産資材の通販企業で、この11年ほどで海外売上高を10倍に増やしたミスミグループ本社、大手ゼネコンで海外工事に強く、とコストコントロールで優れた点を持つ五洋建設、エアコンで世界ナンバーワンになったダイキン工業などを取り上げている。

「社会ニーズに応える」という視点で見ると、後継者不足に悩む中小企業オーナー向けに企業のM&A(合併・買収)を仲介する日本M&Aセンター、医師向けの情報サイトで高収益モデルを確立したエムスリー、「工具界のアマゾン」との異名をとるMonotaRO(モノタロウ)などを取り上げている。

こうした強い企業は他社とは違うポジショニング(立ち位置)で、一層、収益力を高めつつある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT